So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

刑事フォイル DVD-BOXが出るよ(その1) [Mystery]

AXNミステリーで字幕版が全シーズン放送され、NHK BSプレミアムでもその半分が吹き替えで放送された刑事フォイル

そのDVD-BOXが出るようです。

 

刑事フォイル DVD BOX2

刑事フォイル DVD BOX2

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD

このDVD-BOX2つで全シーズンの半分の話、つまりNHKで吹替放送されている話(シーズン1〜シーズン4)までが収録されているようですが。。。
・・・少々お高いですね[あせあせ(飛び散る汗)]
このブログ記事の下に、楽天市場各店のBOX1の価格もいくつか並べてみましたが…(ーー;) 

そして、このブログ記事のタイトルに(その1)と書いたのは、まだNHKで放送されていない残りの話(シーズン5〜シーズン9)もそのうち吹替放送されて、DVDも出ることを期待してのことですが…いつになるやら&(価格が)いくらになるやら?(;><)

でも、拙ブログでも触れたように刑事フォイルは面白く見応えのある作品です(`・ω・´)!
Yuseumは最初字幕版で視聴したので、吹き替え版を見る前は違和感があるかな?と思ったのですが、確かに声質はオリジナルと違うものの、吹き替え版も素敵でした。
字幕も吹替も味わいたい自分にとっては、今回のDVD-BOXは待望の逸品です[CD]

ちなみに、Blu-rayではなくてDVDであるのは、シーズン1〜シーズン7まではSD画質だからだと思います。
(AXNミステリーでは、それらをアップコンバートして放送しているようです。)
なお、アメリカではシーズン4とシーズン5がまとめてシーズン4となっており、全8シーズンと表記されることもありますが、ここではAXNミステリーでの表記に合わせました。 

続きを読む


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

早川書房クリスティー文庫ベストセラーランキング(ポワロ&マープル) [アガサ・クリスティー]

ブログではごぶさたしていますf^_^;
いくつかブログネタはあるけれど、それは置いといて¢( ・・)ノ゜

2016年3月、AXNミステリー(4月から無印スカパー!でも放送開始!)では
「早川書房クリスティー文庫ベストセラーランキング
 と題して、アガサ・クリスティーの生み出した2大名探偵ポワロとマープルの長編全作品について、クリスティー文庫におけるセールス順に、名探偵ポワロアガサ・クリスティー ミス・マープルの各作品を放送しています。

通常、ベストセラーランキングは上位作品しか分からないところ、今回の放送では下位の作品も分かるというのが面白いです(*^。^*)
クリスティー文庫は2003年10月に創刊されているので、この十数年におけるクリスティー作品のセールス傾向が分かるのも興味深い。
(ひょっとすると、この数年のセールスなのかもしれませんが。) 

で、このランキング。
実は、AXNミステリーの3月&4月番組表を見れば分かったりするのですが(^0^)/
だから、AXNミステリーでランキング順に見るのを楽しみにしているから[TV]…という方は、以下の記事はしばらく読まないように_(_^_)_
自分の備忘録として記録していきます。

それでは、今日(2016年3月3日)時点で放送済みの作品から。

ミス・マープル長編12話ベストセラーランキング
12位:鏡は横にひび割れて
11位:魔術の殺人
10位:動く指

・・・『鏡は横にひび割れて』が最下位。
『鏡は横にひび割れて』が最下位(゚д゚)!

大変意外です[exclamation]
クリスタル殺人事件で映画化もされているし、ミス・マープルの作品の中でも比較的評価の高い作品だと思っていたので( ・_・;)
1つ考えられるのは、ミス・マープルの作品群は粒揃いの佳作が多いですが、抜きんでた作品もないので、セールス的には12位〜5位あたりは団子レースのような気はします(゚-゚)
ただ、『鏡は横にひび割れて』は、その団子レースの中から頭一つ飛び抜けた作品だと思うのですがねぇ。
特別、本の価格が高いわけでもないし、品切れしていたわけでもないと思うし。。。 
初っ端から色々興味深いランキングです。

続きを読む


nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

刑事フォイル Foyle's War 〜NHK BSで放送開始〜 [Mystery]

AXNミステリーで今月ファイナルシーズンまで放映される(後述)「刑事フォイル」。
8/30(日)午後9時からNHK BSプレミアムで放送開始です![TV]


どういうドラマなのかについては、上記リンク先の「番組紹介」に書かれているので重複は避けますが、第二次世界大戦の時代、イギリスのヘイスティングズという小さな町を舞台にしたミステリーです。
(余談ですが、「ヘイスティングズ」と言えば名探偵ポワロのヘイスティングス大尉を思い浮かべる方もいらっしゃると思いますが、このヘイスティングズという町は11世紀に起きた王位争い「ヘイスティングズの戦い」Battle of Hastingsの舞台であります。
名探偵ポワロ『もの言えぬ証人』にて、ヘイスティングス大尉が「バトラー」というあだ名で呼ばれるのは、実はこの戦いでの戦士(バトラー)と彼の名字を掛けているわけですね。
そして、このヘイスティングズが「刑事フォイル」の舞台であることは意味深いと思われます。)

この「刑事フォイル」、なかなか見応えのある良質の英国ドラマです。
時代設定が設定だけに作品のトーンは決して明るくはありませんが、かといって暗すぎることもない。
歴史的事実を織り交ぜながら、その戦時下で起こる殺人事件や犯罪に立ち向かう主人公フォイル。
その姿は、原題Foyle's Warという言葉通り、まさに「フォイルの戦争」。
時には犯人を追いつめながら、超法規的措置によりフォイルの意に反した結末を迎える事件もあります。
しかしながら、それでもフォイルは自分の正義を貫こうとするのです。
その姿が渋くてカッコイイ。

フォイルだけではない。レギュラー・キャラクターを始めその他の登場人物も魅力的です。
シーズン1第2話『臆病者』では、史上最大の撤退作戦と言われたダンケルクの戦いが織り込まれていますが、、、泣けました(ノД`)

俳優さんについて少し触れると、
フォイルの専属運転手となるサムを演じるハニーサックル・ウィークスさんは、名探偵ポワロの『ひらいたトランプ』のローダ役です。
フォイルの一人息子アンドリューを演じるジュリアン・オヴェンデンさんは、ダウントン・アビー4に出演しているとありますが、名探偵ポワロだと『葬儀を終えて』にも出演(マイケル・シェーン役)。 
その他にも、どこかで見たことのある俳優さんが続々登場するので、それを楽しむのも面白いです。

さて。
AXNミステリーでは今月から待望のシーズン6〜ファイナル・シーズンが日本独占初放送されます。 
8/3(月)午後8時から放映開始。
そして、8/15(土)からの週末は一挙放送です。 (字幕版)
また、それに合わせて、こんな特集も組まれています。

続きを読む


nice!(30)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。