So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

12年待ちました!〜 M・アリンガム『葬儀屋の次の仕事』〜 [Mystery]

More Work for the Undertakerを読むたびに—それがじつにしばしば読み返したくなる—"この作品以上に溌剌としたミステリはない”と思う。マージェリー・アリンガムはなみはずれて強烈な力(エネルギー)に恵まれている。そのエネルギーが彼女の全作品に、あえて料理本のような言い回しをするなら、「濃厚な味わい」をあたえている。
「海外ミステリ名作100選」
H・R・F・キーティング、長野きよみ=訳(早川書房)より抜粋

 さらに、後期のMore Work for the Undertaker(未訳)では、…(中略)…全体的には信じがたい部分があるとしても、ここに描かれたロンドンの一角—いくつかの通りと、ジョージ王朝時代の建物が立ち並ぶ広場は、あらゆる要素が内包された、完全なひとつの世界となっているのです。
 思うに、それこそマージェリー・アリンガムならではの特徴—幻想性と現実感の混在する味わいでしょう。
『マージェリー・アリンガムを偲んで』
アガサ・クリスティ
「クリスマスの朝に」マージェリー・アリンガム、猪俣美江子=訳(創元推理文庫)より抜粋

葬儀屋の次の仕事

葬儀屋の次の仕事

  • 作者: マージェリー・アリンガム
  • 出版社/メーカー: 論創社
  • 発売日: 2018/04/04
  • メディア: 単行本

More Work for the Undertaker — 『葬儀屋の次の仕事』

このタイトルを、私は何年唱えてきたでしょうか[exclamation×2]

12年待った本作が、いよいよ来月4月に出版される!
(書影まで掲載されているのだから、本当に出版されるのでしょう。。。)
…ということで、久しぶりにブログを書いてみました[メモ]


マージェリー・アリンガムは、本格推理小説の黄金時代(二つの世界大戦の狭間にあたる約20年間;1920年〜1940年頃)において、アガサ・クリスティー、ドロシー・L・セイヤーズ、ナイオ・マーシュとともに「英国女流推理作家≪ビッグ4≫」とも呼ばれた作家。
1929年発刊のThe Crime at Black Dudleyに脇役として初登場し、その後、『ミステリー・マイル』で主役となる探偵アルバート・キャンピオンの生みの親として有名です。(後述リスト参照)


このマージェリー・アリンガムの代表作のひとつ、"More Work for the Undertaker"。
(先に引用した、H・R・F・キーティング 「海外ミステリ名作100選―ポオからP・Dジェイムズまで」 において、『霧の中の虎』とともに本作が選出されています。)

拙ブログを振り返ると、この『葬儀屋の次の仕事』というタイトルで、論創社さんから近刊予告が出たのは2005年12月頃
2005年といえば、2004年11月に創刊された論創海外ミステリから、 『検屍官の領分』 (論創海外ミステリ7) 『殺人者の街角』 (論創海外ミステリ20) 『陶人形の幻影』 (論創海外ミステリ25)と、アリンガムの比較的後期の作品が立て続けに出版されていたので。
当然、『葬儀屋の次の仕事』もすぐに出版されるものと思っていました。

ところが、2006年の年末になっても出版されず(´・ω・`)
2009年頃になるのでは?という噂を耳にするも、その年の年末になっても出版されず(´・ω・`)(´・ω・`)
2011年に、Twitterで論創社さんに問い合わせる機会があったのですが、その時に、

r1.jpg

アリンガムは出すとしたらキャンピオン短編集だと思います。

と伺いました(゚´Д`゚)
この時点で、論創社さんにて『葬儀屋の次の仕事』が出版される予定は完全に消えてしまったわけですね。。。
(この時点では、同じように出版予定が流れてしまったナイオ・マーシュDeath and the Dancing Footmanの方が、まだ僅かながらですが、復活する可能性はありました。)


そんな状況が変わるきっかけになった(のかな?)のは、2014年より創元推理文庫から出版された短編集「キャンピオン氏の事件簿」Ⅰ〜Ⅲ。
先の『マージェリー・アリンガムを偲んで』の引用は、この短編集Ⅲに収録されたクリスティーの追悼文です。


窓辺の老人 (キャンピオン氏の事件簿1) (創元推理文庫)

窓辺の老人 (キャンピオン氏の事件簿1) (創元推理文庫)

  • 作者: マージェリー・アリンガム
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2014/10/12
  • メディア: 文庫
幻の屋敷 (キャンピオン氏の事件簿2) (創元推理文庫)

幻の屋敷 (キャンピオン氏の事件簿2) (創元推理文庫)

  • 作者: マージェリー・アリンガム
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2016/08/20
  • メディア: 文庫
クリスマスの朝に (キャンピオン氏の事件簿3) (創元推理文庫)

クリスマスの朝に (キャンピオン氏の事件簿3) (創元推理文庫)

  • 作者: マージェリー・アリンガム
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2016/11/30
  • メディア: 文庫


この短編集Ⅰが出て間もなくの2014年10月、論創海外ミステリの近刊予告に『葬儀屋の次の仕事』が復活したのです[exclamation]
ただ、そこからまた音沙汰がなくて、やきもきしていたのですが、2016年の年末に論創社さんから、

r2.jpg

というツイがあり。
そして、2017年には間に合いませんでしたが、今年、論創海外ミステリ206として出版されるのです[るんるん]

・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*


思えば、私がアリンガム、アリンガムと粘着(?)するきっかけとなったのは、『幽霊の死』を読んでから。
(この作品は、先のクリスティーの追悼文においても「彼女の最高傑作」と書かれています。)
そんなにすごく面白かった記憶はないのだけれど、読んでいくうちに何とも表現しがたい味わいがあって。
『クロエへの挽歌』や『屍衣の流行』でも感じた、この味わいを『葬儀屋の次の仕事』にも求めています。

なお、できるだけ出版された順番通りに読みたい私なので、これ以降の作品はまだ読んでいません[あせあせ(飛び散る汗)]
あと、『検屍官の領分』は『反逆者の財布』を読んでから読みたいので、積読中f^_^;
そこで、最後に以下の文章を引用しておきます。

(前略)…作風の変遷があることが、作家像をイメージしづらくしているのである。評価を改めるためには『判事への花束』(1936年。ハヤカワ・ミステリ)、『反逆者の財布』(1941年。創元推理文庫)を新訳で再び世に問う必要があるだろう。
家族の問題[新訳]解説
杉江松恋
ハヤカワ・ミステリマガジンNo.724(2017年9月号)より抜粋

続きを読む


nice!(18)  コメント(2) 
共通テーマ:

新しい「オリエント急行殺人事件」 [アガサ・クリスティー]

およそ1年ぶりのブログ更新[たらーっ(汗)]


それはさておき[ドコモポイント]

ケネス・ブラナーが監督・主演を務め、ハリウッドを代表する豪華俳優陣で映画化された『オリエント急行殺人事件』が、いよいよ日本でも公開されますね[カチンコ]




クリスティーの作品についてはこれまでにも何度も映像化されてはいますが、今回はハリウッドの大作映画ということで、原作についても今年になって新訳が複数刊行されるなど、色々賑わっています[本]

今回の映画は原作を結構脚色しているようなので、原作は読まずに映画をまず堪能して、その後から興味があれば原作に立ち返る、という考えももちろんあります。

一方、原作を先に読んでおく(もしくは再読する)ことで、謎解きのためのエネルギーを省略できるので、余ったそのエネルギーは、原作と映画の違いを考えたり、映画でしか得られない映像の迫力などを楽しむために使えるアガサ・クリスティ・ファンクラブのメルマガ「グリーンウェイ・ハウス通信」(No.107)より抜粋)から、先に原作を読んでから映画を観に行った方が良い、というご提案もあります。


いずれにしろ、今回の映画をより楽しむために、ここでは原作や過去の映像作品などを簡単にご紹介してみます。
なお、ここでは翻訳の善し悪しについては言及しませんので、あしからず[ふらふら]


1)原作の翻訳本
IMG_1994.jpg
(写真)私の持っている原作本など

まずは、早川書房のクリスティー文庫です。

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

  • 作者: アガサ クリスティー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2011/04/05
  • メディア: 文庫
<Kindle>
オリエント急行の殺人 (クリスティー文庫)

オリエント急行の殺人 (クリスティー文庫)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2011/04/05
  • メディア: Kindle版
クリスティー文庫は今回の映画化に併せて、カバージャケットが新しくなっています。(期間限定?
クリスティー文庫の中でも、『オリエント急行の殺人』は新訳刊行時に期間限定カバーで出版され(上の写真の上段右から3番目)、テレビ・ドラマで三谷幸喜版の『オリエント急行殺人事件』(後述)が放映されたときにカバーが一新され(上段右から2番目)、そして今回と、クリスティー文庫が刊行されて以降この10数年だけでも4回も装丁が変わっており、それだけ人気の高さが伺えます。
なお、クリスティー文庫の旧訳はこちら(上段右から1番目)[左斜め下]
オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

  • 作者: アガサ クリスティー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2003/10/01
  • メディア: 文庫
続いて創元推理文庫(下段右から1番目)
オリエント急行の殺人 (創元推理文庫)

オリエント急行の殺人 (創元推理文庫)

  • 作者: アガサ・クリスティ
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2003/11/09
  • メディア: 文庫
シャーロック・ホームズ研究家としても名高い長沼弘毅氏による訳。1959年初版。
私が最初に読んだ『オリエント急行〜』はこの翻訳本でした。

今年の4月に出た光文社古典新訳文庫(下段右から3番目)
オリエント急行殺人事件 (古典新訳文庫)

オリエント急行殺人事件 (古典新訳文庫)

  • 作者: アガサ・クリスティー
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/04/11
  • メディア: 文庫
(現在のところ)栞がついていて、それに登場人物一覧と客車の見取り図が記されているので、それらを確認したいときに便利。

先月出たばかりの角川文庫の新訳。
オリエント急行殺人事件 (角川文庫)

オリエント急行殺人事件 (角川文庫)

  • 作者: アガサ・クリスティ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/11/25
  • メディア: 文庫

私が持っているのは電子書籍版です(上の写真の一番左)
それぞれの訳者あとがきに記されているのですが、光文社古典新訳文庫と角川文庫とではアームストロング大佐のファーストネームを翻訳する際のスタンスが異なるのが興味深いです。

なお、角川文庫の旧訳についてはグーテンベルク21が刊行している以下の電子書籍でも読むことが出来ます。
オリエント急行殺人事件 名探偵ポワロ

オリエント急行殺人事件 名探偵ポワロ

  • 出版社/メーカー: グーテンベルク21
  • 発売日: 2012/12/19
  • メディア: Kindle版
その他にも翻訳本はありますが、現在は絶版なので割愛。

2)原書
原書についても、ペーパーバックなど多々あるとは思いますが、ここでは先月出たばかりのこちらの文庫[左斜め下]をご紹介。
オリエント急行殺人事件 MURDER ON THE ORIENT EXPRESS (KODANSHA ENGLISH LIBRARY)

オリエント急行殺人事件 MURDER ON THE ORIENT EXPRESS (KODANSHA ENGLISH LIBRARY)

  • 作者: アガサ・クリスティ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/11/17
  • メディア: 文庫
上の写真(下段右から2番目)にもあるように、文庫サイズの講談社英語文庫。
オビに英語原作を日本語の語注つきで読めるのは本書だけ!と謳っているように、巻末には文中に登場する単語の意味などがかいつまんで掲載されています。
TOEICレベルで450点〜、とのこと。
なお、Twitterで知ったのですが(モダハムさん、ありがとうございます(*'-'*))アガサ・クリスティ・ファンクラブのホームページにある「コンパニオンブック」のリンクからも、"Murder on the Orient Express"の単語集を確認することが出来ます。
こちらの方が、講談社英語文庫の語注より少し詳しめかな。

続きを読む


nice!(16)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

アガサ・クリスティー『そして誰もいなくなった』:BBCドラマ版が日本初放送 [アガサ・クリスティー]

NHK BSプレミアムで11/27(日)PM9時より放送されます。
英国BBCで昨年末に放送され、好評だったと聞いています。全3回。
そして誰もいなくなった - NHK

『アガサ・クリスティー そして誰もいなくなった』、11月27日(日)より日本初放送!-海外ドラマNAVI

言わずと知れたクリスティーの代表作ですが、この記事タイトルにわざわざ「アガサ・クリスティー」 とつけたのは、最近日本のドラマで似たようなタイトルのドラマが放送されたので、それと混同されないように(^0^;)

原作はこちら。(Kindle版
(その昔、ホームページに書いた私の感想。)

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

  • 作者: アガサ・クリスティー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2010/11/10
  • メディア: 文庫



なるべく事前情報は入れないようにしているのですが、今回のドラマに注目しているのは、
結末が原作通り
だと聞いているから。

『そして誰もいなくなった』は過去何度か映像化されているのですが、小説どおりの結末でないことが多々ありました。
というのも、これまでの映像作品はクリスティー自身がロンドンの舞台用に戯曲化した「戯曲版」に基づいており、この戯曲版は劇場まで観に行った客たちが、観劇後に気持ちよく晩餐に行けるよう、結末が改変されているアガサ・クリスティー完全攻略より。Kindle版)からです。
戯曲版はこちら[左斜め下]で読むことが出来ます。

そして誰もいなくなった

そして誰もいなくなった

  • 作者: アガサ クリスティ
  • 出版社/メーカー: 新水社
  • 発売日: 2000/09/25
  • メディア: 単行本







また、これまでの映像作品は、それを差し引いても、いずれも凡作と言いますか[たらーっ(汗)]
最初に作られたルネ・クレール監督の映画[左斜め下]は、戯曲版に忠実とは言われていますが、小説版に馴染んでいるとコミカルな部分がどうも。。。

そして誰もいなくなった CCP-147 [DVD]

そして誰もいなくなった CCP-147 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 株式会社コスミック出版
  • メディア: DVD

続きを読む


nice!(12)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。