So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

刑事フォイル Foyle's War 〜NHK BSで放送開始〜 [Mystery]

AXNミステリーで今月ファイナル・シーズンまで放映される(後述)「刑事フォイル」。
8/30(日)午後9時からNHK BSプレミアムで放送開始です![TV]


どういうドラマなのかについては、上記リンク先の「番組紹介」に書かれているので重複は避けますが、第二次世界大戦の時代、イギリスのヘイスティングズという小さな町を舞台にしたミステリーです。
(余談ですが、「ヘイスティングズ」と言えば名探偵ポワロのヘイスティングス大尉を思い浮かべる方もいらっしゃると思いますが、このヘイスティングズという町は11世紀に起きた王位争い「ヘイスティングズの戦い」Battle of Hastingsの舞台であります。
名探偵ポワロ『もの言えぬ証人』にて、ヘイスティングス大尉が「バトラー」というあだ名で呼ばれるのは、実はこの戦いでの戦士(バトラー)と彼の名字を掛けているわけですね。
そして、このヘイスティングズが「刑事フォイル」の舞台であることは意味深いと思われます。)

この「刑事フォイル」、なかなか見応えのある良質の英国ドラマです。
時代設定が設定だけに作品のトーンは決して明るくはありませんが、かといって暗すぎることもない。
歴史的事実を織り交ぜながら、その戦時下で起こる殺人事件や犯罪に立ち向かう主人公フォイル。
その姿は、原題Foyle's Warという言葉通り、まさに「フォイルの戦争」。
時には犯人を追いつめながら、超法規的措置によりフォイルの意に反した結末を迎える事件もあります。
しかしながら、それでもフォイルは自分の正義を貫こうとするのです。
その姿が渋くてカッコイイ。

フォイルだけではない。レギュラー・キャラクターを始めその他の登場人物も魅力的です。
シーズン1第2話『臆病者』では、史上最大の撤退作戦と言われたダンケルクの戦いが織り込まれていますが、、、泣けました(ノД`)

俳優さんについて少し触れると、
フォイルの専属運転手となるサムを演じるハニーサックル・ウィークスさんは、名探偵ポワロの『ひらいたトランプ』のローダ役です。
フォイルの一人息子アンドリューを演じるジュリアン・オヴェンデンさんは、ダウントン・アビー4に出演しているとありますが、名探偵ポワロだと『葬儀を終えて』にも出演(マイケル・シェーン役)。 
その他にも、どこかで見たことのある俳優さんが続々登場するので、それを楽しむのも面白いです。

さて。
AXNミステリーでは今月から待望のシーズン6〜ファイナル・シーズンが日本独占初放送されます。 
8/3(月)午後8時から放映開始。
そして、8/15(土)からの週末は一挙放送です。 (字幕版)
また、それに合わせて、こんな特集も組まれています。

続きを読む


名探偵ポワロ Blu-ray BOXが出るよ(その1)、他 [アガサ・クリスティー]

出ます(`・ω・´)!

名探偵ポワロ Blu-ray BOX1

名探偵ポワロ Blu-ray BOX1

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: Blu-ray

名探偵ポワロ Blu-ray BOX2

名探偵ポワロ Blu-ray BOX2

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: Blu-ray


なかなか素敵なデザインじゃないですか(^.^)
詳しくはこちらの記事をご参照。
ファン待望の『名探偵ポワロ』初ブルーレイBOX、豪華仕様で11月3日(火)より発売!

ところで、2つ注意点があります。
1つは、このBlu-ray BOX 1&2は「名探偵ポワロ」全70作品をコンプリートしているわけではない、ということ。
第8シリーズまで収録であり、制作スタッフの変わった第9シリーズ以降、いわゆるニューシーズンの作品は未収録です。
つまり、名探偵ポワロ[完全版]DVD-BOX1名探偵ポワロ[完全版]DVD-BOX2、あるいはその廉価版である名探偵ポワロ 全巻DVD-SETのブルーレイ化ですね。

ま、ニューシーズンの作品についても、そのうちブルーレイ化されるとは思いますが。
(このブログ記事のタイトルに(その1)とつけたのは、そのため。)
気長に待ちましょう( ´・ω・`)_且~~
その際は特典映像として、
「名探偵ポワロと行くオリエント急行の旅」、「さよならポワロ〜世界が愛した名探偵・25年の軌跡〜」
などの収録もお願い致します_(_^_)_ (と、ここでもお願いしておく。)


もう1つの注意点は、今回のBlu-ray BOXに収録されている「日本放送版」とはNHK放送版ではありません
NHK放送時にカットされた部分に吹替を追加収録した、いわゆる<HD完全吹替版>のことで、AXNミステリーイマジカBSで最近放送されているものです。(そういう意味での「日本放送版」。)
ま、これもジェレミー・ブレット「シャーロック・ホームズの冒険」のような違和感は少ないから、そんなに問題にはならないかとf^_^;

続きを読む


「名探偵ポワロ」のオーディオドラマ [アガサ・クリスティー]

こんなサイトがありました[exclamation]

名探偵ポワロシリーズのオーディオドラマです[音楽]
ポワロの声はTV「名探偵ポワロ」でお馴染みの熊倉一雄さん
ヘイスティングス大尉の声は、第47話『エッジウェア卿の死』以降吹き替えを担当している安原義人さん
熊倉さんが代表取締役演劇担当を務めるテアトル・エコーの劇団員の皆さんによって、ドラマ仕立てで制作されています。
(ヘイスティングス大尉のナレーション。) 

英国ではポワロ役のデヴィッド・スーシェさん、ヘイスティングス役のヒュー・フレイザーさんがそれぞれ朗読するオーディオブックがありますが、日本発のアガサ・クリスティー原作オーディオブックは珍しいのではないのでしょうか。
今のところネット配信しかないようですが、AppleのiTunes Storeでは、
名探偵ポワロシリーズ 「首相誘拐事件」 - アガサ・クリスティー


名探偵ポワロシリーズ 「マースドン館の悲劇」 - アガサ・クリスティー


にて配信されています。

さっそく聴いてみましたが、熊倉さんの声はやっぱりポワロですね(・Ω・)/
安原さんも、富山敬さんの後を受け継いで「名探偵ポワロ」5作品にてヘイスティングス大尉の吹き替えを担当されているので、耳に馴染んでいます。
ジャップ警部が、「名探偵ポワロ」の坂口芳貞さんの声でないのは仕方がないですが、ちょっと若々しいというか、自分のことを「僕」と呼んでいるのが少し気になりましたが^_^;
この2本の原作はもちろんTVドラマ化されていますが、オーディオドラマは原作に基づいていますので、TVドラマと比較するのも一興かと。
このシリーズは今後も続くのかな?(CD化はされないのかな?[CD]

続きを読む


前の3件 | -