So-net無料ブログ作成
検索選択

五匹の子豚(名探偵ポワロ) [アガサ・クリスティー]

NHK-BSホームページ

あちこちで台風の被害が聞こえてきますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は、無事に見ることができました。早速本題に入ります。
『五匹の子豚』 FIVE LITTLE PIGS
ポワロは21歳になったばかりの美しい娘ルーシー・クレイルから依頼を受ける。14年前、夫殺しの罪で死刑になった母の無実を明かして欲しいというのだ。この事件には、夫妻の幼なじみの兄弟、夫の愛人エルサ、妻の異父妹とその家庭教師の5人がかかわっていた。

この題名はマザー・グースから採っているんですよね、確か。「回想の殺人」がテーマです。

まずは「納得いかん!!」から。
(1)アミアスが死の間際までエルサを描いた絵があるじゃないですか。その絵がなぜ出てこない! (描いているときにちらりと出ては来ますが。)
 ネタバレになるのであまり詳しくは言えませんが、あの絵にはアミアスの怨念が込められているというか、あの絵にポワロらが改めて驚嘆するシーンが原作にはあるのです。是非、入れて欲しかった。

(2)最後にルーシーが犯人に銃を向けるのは余計です。この作品は、最後に犯人が「わたしが死んだのです・・・」と告白することにより、何とも言えないやりきれなさが醸し出されるのです。そこで、ルーシーが犯人に銃口を向けたら、その余韻が台無しです。

(3)ドラマでは14年前の犯罪となっていますが、原作では16年前の犯罪になっています。事件が起きた当時のルーシーの年齢がドラマでは7歳となっていますが、これに意図はあるのでしょうか? 原作に矛盾があったのでしょうか?

文句ばかり述べましたが、基本的にはこのドラマにまずまず満足してるからこそ出る不満。犯人を除いて(そして犯人も大体)真実を回想しますが、それを映像で再現できるのがTVの魅力。あらゆる角度から事件が再現され、十分堪能しました。

原作はこちら。


Yuseumの拙文はこちら
さて、「ポワロ・ウィーク」もいよいよ最後の作品を残すのみになりました。『ホロー荘の殺人』は原作をまだ読んでいないので、どういう作品か楽しみです。


(参加中です。この記事が気に入ったらクリックをお願いします!)


nice!(0)  コメント(12)  トラックバック(6) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 12

三四郎

TB、ありがとうございました!
ポアロ、大好きです。こんなにも、ポアロを完璧に演じることができる
デビット・スーシェは偉大ですよね。
by 三四郎 (2005-08-26 12:38) 

美輪@brownycat

はじめまして。お邪魔いたしま~す(^o^)/
デビッド・スーシェ=ポワロ大好きです!
今週は本当にうれしくてうれしくて。NHKさんありがとう。
「五匹の子豚」とても見応えがありました。やはり名作はドラマになっても名作ですね~♪

原作の「16年前」を「14年前」にしたのは、たぶんルーシーの年齢を成人に達した(と法的に正式に認められる)年齢である21歳にするためでしょう。
だからこそ、亡き父親の正式な相続人として、そして愛する母の娘として、すべての真実を明かしてほしいという思いを表すために……。
しかしあのルーシー、21歳にしては老けてましたよね(笑)。

私も最後のピストルのシーンは余計だなあと思います。
原作は最後どうなってたんだっけ……もう一度読み返さなくちゃ。

さあ今夜は「ホロー荘の殺人」です!楽しみ楽しみ。
by 美輪@brownycat (2005-08-26 16:53) 

LunchCup

こんばんは。
TBありがとうございます。

いよいよ今夜で今回のポアロも終わりですね。
あっという間でなんだか寂しいです。
もっともっと見たいのになあ。
by LunchCup (2005-08-26 19:28) 

徳丸虎龍

コメント&TBありがとございました。

なかなかよかったですねこのドラマ。Yuseumさんは原作読まれてるだけあって、いろいろと納得できない部分も多々おありになるようですが(笑)、徳丸は「わりとよくできてるな〜」と思いました。まだ未放送の4作品も早いとこ放映してもらいたいもんです。
by 徳丸虎龍 (2005-08-27 00:21) 

riko

コメントとTBありがとうございました。Yuseumさん、原作をよく覚えていらっしゃって凄いですね。私は例のところとラストだけ、自分の記憶もこころもとなくて、友達に聞いて確認を・・。役者さんの演技も良くて、「やっぱりいい作品だな」と思いました。

ところで、もう既に「青列車の秘密」は撮影済みのようです。
by riko (2005-08-27 01:28) 

ちどり家

お久しぶりです。
大変御無沙汰しておりましたのにTBありがとうございました。
BSの放送受信するの大変だったんですね。再放送早くあるといいですね。

まだビデオに撮っただけで見ていないんですが『ホロー荘の殺人』ヘンリエッタ=サヴァナクがクリスティーのヒロインで1番好きなので今日ゆっくり見ようと思ってます。
by ちどり家 (2005-08-27 12:17) 

yukot

こんばんは。先日はコメント、TBありがとうございました。
Yuseumさんの原作を踏まえた上での記事は、大変興味深いです。今後も読ませて頂きますね。私にとっては、NHKのポアロシリーズやホームズシリーズは、懐かしい、というか安心できるというか、見るとそんな気持ちになれるんですよね。
アガサ・クリスティと言えば小学生とか中学生で、簡単なものを読みますよね。そのころは、もっと感動できたよなーって思ったりするわけです。
で、今回の放送では『五匹の子豚』が一番よかったんですよ、私にとって。原作読んでみたいと思ってます。
by yukot (2005-08-28 20:49) 

Yuseum

>三四郎さん、こめんとありがとうございjます。
 デヴィッド・スーシェは偉大ですよね。
>美輪@brownycatさん、コメントありがとうございます。
 原作でも21歳だったと思うんですけどね。だから、原作の場合事件が起きたときのルーシーの年齢は5歳となるのですが???
 いずれにしても、些細なことです。見応えは十分ありました。
>LunchCupさん、コメントありがとうございます。
 もっと見たいですね〜 今度の楽しみはいつかなぁ?
> 徳丸虎龍さん、コメントありがとうございます。
 基本的には僕も十分楽しみましたよ(^_^;) ま、些事が気になるもんで。。。
>ちどり家さん、お久しぶりです。
 ちどり家さんのヘンリエッタの感想も早く聞きたいですね。
>yukotさん、コメントありがとうございます。
 ホームズシリーズもポワロシリーズも原作に忠実に作ろうとしているから、懐かしいんですよね。ホームズは全作品映像化は無理でしたが(;.;)、ポワロは是非全作品映像化して貰いたいです。
by Yuseum (2005-08-28 23:08) 

chancellor

TBありがとうございます。

たしかに最後のルーシーの行為は原作にはまったくないものでした。ただ、私は原作を読んだとき、逆に「あれ?ルーシーどこへ行ったの?」と疑問に思ったものでした。エルサにとって完結したとしても、ルーシーにとってはそのまま「はい、さよなら」とはいかないのではないかな、と考えていましたから。だから文句のひとつも言って欲しいと思ってたので、銃を構えたときには少々驚きましたが、私は逆にすっきりしました。私って単純なのかも・・・(^^;
by chancellor (2005-08-29 22:09) 

Yuseum

chancellorさん、コメントありがとうございます。
確かに、原作だと「ルーシー、どうなったの?」という感じはありますね。でも、あそこで犯人を殺そうとすると(殺さなかったけど)、犯人が「生きて」しまうと思うんですよね。銃は向けずに、ルーシーの回想シーンだけでも十分よかったと思うんですけど、いかがでしょうか?
by Yuseum (2005-08-31 07:58) 

chancellor

私も銃はやりすぎだとは思います。ただ、自分の両親を死に追いやった人物が目の前にいる以上、何らかのアクションを期待したかったんです。ですので、あのシーンはすっきりしたんです(アクションの「程度」に問題はあるでしょうが)。結局、発射することはなかったですし、エルサは「死んだ」ままでよかったのではないでしょうか。
by chancellor (2005-08-31 18:48) 

Yuseum

chancellorさん、そうですね。アクションの程度によりますね。
僕が見た限りでは、エルサが「死んだ」部分が弱く感じられたので、銃が余計だと考えたのかもしれませんね。
by Yuseum (2005-09-01 07:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 6

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。