So-net無料ブログ作成
検索選択

葬儀を終えて(名探偵ポワロ) [アガサ・クリスティー]

シェアブログiceblueに投稿
アガサ・クリスティー特集「名探偵ポワロ」&「ミス・マープル」

2週間続いた「クリスティー特集」も、今夜が最終話。
原作はYuseumの好きな作品です。

ドラマを見ての感想は、「まあまあ」。
悪くはないんだけど、手放しで賞賛できるような感じでもなかったです。
ストーリーの本筋は、ほぼ原作を再現していました。
しかし、もともと地味な作品なのに、全体的に原作以上に地味だったから、少々退屈((;・・ヘ)
そして、今回も恒例の「改変」は行われていました。
まあ、これまでの作品でゲイだの何だの見せられた後では、可愛い改変でしたけどね(..;)
人物相関図を大きく改変していたのですが、最初の登場人物紹介をサラッと見てしまったために、1回見ただけではよく理解できなかった(¨;)

『葬儀を終えて』 AFTER THE FUNERAL


この作品は「名犯人小説」なんです。
ポワロが犯人を指摘するシーンは、ほぼ原作を忠実に再現していて、概ね満足のいくものでした。
しかし、この作品が面白い理由の一つは、物語の冒頭、リチャードの葬儀が終わった後で、一族の中でも異質なコーラが、
「兄さん、本当は殺されたんでしょう?!」
と意味深な言葉を放つことで、ミステリが始まるからです。
(そして、そのコーラが殺される・・・。)
だから、その場面はもっと派手に演出したほうが、ラストがもっと盛り上がったと思うのですが・・・。
原作のキーワードの一つ、コーラが「小鳥のように首をかしげる」のが、さっぱり目立ちませんでしたねぇ。
「尼僧」もキーワードなんですが、これもこのドラマではあまり生きてませんでした。
だから、前半は地味で地味で・・・。

まあ、今回の「クリスティー特集」で放映されたドラマのことを考えると、地味なくらいが丁度いいのかもしれません(^_^;
リチャード、ヘレン、ジョージ、スザンナの関係がわかりにくかった。。。
(以下、ネタバレ)

ヘレンがリチャード・アバネシーの義妹、というのは原作と同じですが、ジョージがヘレンの息子で、本来はジョージがリチャードの遺産を相続するはずだった、という改変が加えられていました。
で、こういう風に改変したのは、ジョージが実はリチャードとヘレンの不倫の結果、生まれた子供だったというのを書きたかったから・・・。
ま、別にいいんですけど( ´-`)

原作では「スーザン・バンクス」なのに、今回のドラマで出てきたリチャードの姪は「スザンナ・ヘンダーソン」。
スザンナがアフリカ救援活動に熱心だ、という設定は、古典を描く際に現代の問題を盛り込む、というのはよく用いられる手法ですから、別に構いません。
で、従兄妹同士のジョージとスザンナが実は恋愛関係だった、という改変は、、、当時としてはタブーでしょうけど、先にも書いたようにゲイだのレイプだの見せられた後では、近親相姦の中でも軽いレベルだから、別にいいです( ´-`)

・・・別にいいんですけどね( ´−`)

でも、描くべきことはちゃんと描いてほしいですねぇ。。。
老執事のランズコムは原作では好きなキャラクターだったので、もう少し丁寧に描いてほしかったなぁ。
弁護士のエントウイッスルは、原作ではリチャードよりも年上という設定だったのに、若い弁護士さんだったのはヘレンに恋慕を寄せる弁護士を描きたかったから?
絵画が「フェルメール」じゃなくて「レンブラント」だったのは、フェルメールだと希少価値が高すぎるので、5000ポンドではすまないからなんでしょうけど、レンブラントがわからないっていうのはどうかなぁ。。。
あと、美術鑑定家としてイタリア系でコーラの元夫の「ガラチオさん(?)」を登場させた理由は?
(というか、なんでコーラの性を変えたの?)

・・・文句ばかり書いてきましたが、それはこれが「名探偵ポワロ」シリーズなので、期待が高いからです。
もちろん、いいところもたくさんありました。
エンダビー・ホールは素敵な屋敷でしたし、いかにもポワロの好きそうな幾何学的に美しいお庭がありましたし、なんといってもデヴィッド・スーシェは相変わらず素晴らしいポワロです!
ラストに容疑者を集めてポワロが犯人を指摘するシーンも、半ば儀式化されているとはいえ、相変わらず素晴らしかった。
犯人が連行されるときに見せた醜態は、いつも以上にインパクトがありました(○_○)

なんだかんだ言っても、「名探偵ポワロ」はいいですねぇ〜。
『満潮に乗って』も早く放映されないかなぁ。。。
この記事に点数をつける


(参加中です。この記事が気に入ったらクリックをお願いします!)

にほんブログ村 テレビブログへ


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(5) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 8

宵里

初めまして、こんばんは。
以前「コーンワルの毒殺事件」へコメントを頂いた宵里と申します。
放送がある事を忘れていたBS2のひらいたトランプと葬儀を終えてをYuseumのコメントを見て、無事視聴できました。
有難うございました。

どちらも原作を読んでいないので、ひらいたトランプでは、写真館に…ちょっとヒいてしまいましたが(改変だったのですね)4人の探偵は素敵でした。

葬儀を終えて、は最初を見逃してしまったため、人物関係がよく分からず…。
ジョージとスザンナが従兄弟じゃなくて、途中まで兄妹かと思ってしまっていました[がーん]
リチャードの兄弟が何人で、スザンナの親がどなただったのかが分からなかったです…。

>幾何学的に美しいお庭
あれは素敵でしたね。シンメトリーで。

それでは失礼します。
by 宵里 (2006-12-15 02:46) 

宵里

すみません、先ほどのコメントで「Yuseumさん」の部分の、「さん」が抜けていました。呼び捨てにしてしまってるっ。
ごめんなさいっ。失礼しました~~~[わーん]
by 宵里 (2006-12-15 02:49) 

美輪@brownycat

終わっちゃいましたねえ……ポワロ。これでしばらく、新作はお預けですかね。ちょっとさみしい。
やっぱりいろいろと突っ込みどころは満載ですが、それでも許せるのは「ポワロらしいポワロ」ということが大きいですね。デビッド・スーシェさん以外のポワロは、もう考えられません、私。
by 美輪@brownycat (2006-12-16 12:08) 

Yuseum

>宵里さん、コメントありがとうございます。全然気にしないでくださいね[わはっ]
 そう、シンメトリー\(^O^)/
 あのお庭だけでも、「今回見てよかったなぁ。」と思いました[にこっ]

> 美輪@brownycatさん、終わっちゃいましたねぇ[はぁっ]
 『満潮に乗って』は早く放映してほしいですね。
 本国では、『マギンティ夫人は死んだ』と『死者のあやまち』が制作されていて、噂では『オリエント急行の殺人』が完成したと聞きましたので(あくまでも噂ですが・・・)、来年の「名探偵ポワロ」も楽しみですね♪
by Yuseum (2006-12-16 18:15) 

きまぐれ猫

こんばんは~いつもコメントありがとうございます[はーと]
遅まきながら、今回の三部作全て観られたのでTBさせて頂きました。
Yuseumさんのレビューも、やっと拝見することが出来たのですが、
同感です。あの一言がこの作品の始まりであり、終わりなんですよね。
もう少し重きを置いても良かったんじゃないかと、レビューを読ませて頂き、
感じました。最近のこのシリーズは原作以上の出来がなく、少し淋しいかもです。
ところで「オリエント急行」の完成は本当でしょうか。ならば楽しみですね!
「満潮に乗って」はいつになることやら・・・
by きまぐれ猫 (2006-12-21 21:24) 

Yuseum

きまぐれ猫さん、コメントありがとうございます[はぁと]
「オリエント急行」は、あるブログにそんなことが書いてあったんです。
でも、英語で調べてみたけど、そんな情報は見あたらないから???です[きょと]
by Yuseum (2006-12-23 19:56) 

arlequin

こんばんは。ようやくTBできました。どうやら我が家がナローバンド故に表示に時間がかかっていたようです。三分ぐらい待てば何とか…。
でも毎回待つのは大変なので、とにかくリンクをさせてもらいました。本当は全部の記事でTBしたいんですが、無理なので…御免なさい。
おっとそうそう、あけましておめでとうございます。どうぞよろしくお願いします。今年は「オリエント」の放映があることを祈って!
by arlequin (2007-01-02 02:52) 

Yuseum

arlequinさん、コメントありがとうございます[おんぷ]
そうですね(__;)
ナローバンドの方のことを全然考えていませんでした。すみませんm(__)m
「オリエント」放映されるかなぁ?
by Yuseum (2007-01-02 23:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。