So-net無料ブログ作成
検索選択

7月に買った本 〜たまに本屋へ行ったらくたびれた、の巻〜 [Mystery]

暑いですね[晴れ]
こんな暑い日には、家[家]でiPad使って、本をネット購入するのが1番です(;´∀`)

おい、タイトルと違うだろヾ(゚Д゚ ) とおっしゃる方、ご安心ください。
(何を安心するのだ(@_@;))
本屋巡りをした話は、後でちゃんと出てきますので[足]

さて、今月はクリスティー文庫の新訳(期間限定カバー)第4弾が出ました(・・||||r
ゴルフ場殺人事件(クリスティー文庫) (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫 2)

ゴルフ場殺人事件(クリスティー文庫) (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫 2)

  • 作者: アガサ・クリスティー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2011/07/08
  • メディア: 文庫
牧師館の殺人(クリスティー文庫) (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫 35)

牧師館の殺人(クリスティー文庫) (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫 35)

  • 作者: アガサ・クリスティー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2011/07/08
  • メディア: 文庫
鳥の絵がどちらも印象的ですね⌒(ё)⌒
クリスティー文庫新訳シリーズの期間限定カバーも、
 真鍋博(旧ハヤカワ文庫の装丁)→和田誠→谷口ジロー→安西水丸
と来ました。
最後のトリを努められる方は、いったい誰でしょうか[exclamation&question]

紳士と月夜の晒し台 (創元推理文庫)

紳士と月夜の晒し台 (創元推理文庫)

  • 作者: ジョージェット・ヘイヤー
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2011/05/28
  • メディア: 文庫
これは、名探偵ポワロDVDコレクション 2011年 7/26号 [雑誌]にクリスティーと同時代の女流作家が紹介されていたのですが、この人だけ知らなかったんですね。
ジョージェット・ヘイヤーを少し調べると、悪魔公爵の子 (MIRA文庫)とか令嬢ヴェネシア (MIRA文庫)素晴らしきソフィー (MIRA文庫)愛の陰影 (MIRA文庫)・・・と「歴史ロマン小説[黒ハート]、今で言うハーレクイン小説の大家なのですが、その気晴らしに書いた本格ミステリ小説も高く評価されたようです。
本書はハナサイド警視が主人公の第1弾、彼女のミステリとしては日本初紹介です。

名探偵ポワロDVDコレクション 2011年 7/26号 [雑誌]

名探偵ポワロDVDコレクション 2011年 7/26号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: デアゴスティーニ・ジャパン
  • 発売日: 2011/06/28
  • メディア: 雑誌
ところで、名探偵ポワロDVDコレクション 2011年 7/26号 [雑誌]にはクリステイー以外の女性推理作家として、
  • ナイオ・マーシュ
  • ドロシー・L・セイヤーズ
  • パトリシア・ウェントワース
  • ジョージェット・ヘイヤー
  • マージェリー・アリンガム
  • ジョゼフィン・テイ
が紹介されていました。
この中で、パトリシア・ウェントワースは日本で紹介された作品が1作しかない、不遇な作家。
『ブレイディング・コレクション』 (論創海外ミステリ)、面白かったんだけどなあ(´ε`;)ウーン…
テイは作品数が少ないこともあり、ほぼ日本に紹介されていますし、セイヤーズも代表作はほぼ翻訳されています。
アリンガムはもう少し、作品を翻訳してほしいですけれどね。
マーシュはもっとさらに翻訳してほしいのですが、マーシュ、売れないようで・・・。

さて、先月クロフツの『フレンチ警視最初の事件』 (創元推理文庫)を買ったと伝えましたが、解説を読むとクロフツのベスト作品にこれ↓がありました。

シグニット号の死 (創元推理文庫 (106‐29))

シグニット号の死 (創元推理文庫 (106‐29))

  • 作者: F・W・クロフツ
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 1985/02
  • メディア: 文庫
『シグニット号の死』ねぇ〜。
人によってはイマイチと言う人もいるけれど、まあ積読しておこうかなぁ、と思って調べたものの、どうも現在絶版。
中古本は比較的容易に入手可能なのですが、Yuseumの欲しいのは初版ではなく、2006年に再販されたもの。
なぜか?
2006年再販のカバージャケットの方が好きだから[わーい(嬉しい顔)][ハートたち(複数ハート)]

で、ネットで調べたものの、新品はもちろん中古品についても、2006年再販品を扱っているところがない。
(なぜ、たった5年で絶版になるのか( ´Д`)=3)
唯一、沖縄県のジュンク堂書店(那覇店)に店内在庫がある模様。

それならば、
Yuseumの住んでいる近辺の中堅本屋さんにも、店内在庫が残っているのではないか?
と甘い期待を抱いて、昨日、川崎、横浜を中心に捜し回ってみましたよ。
念のため大型書店やブックオフにも入ってみたけど、半日回って収穫ゼロ(;´д`)トホホ…

後日、神田神保町も回ってみようかな、とも考えましたが、とりあえず、ジュンク堂書店(那覇店)から店内発送してもらえるか電話[電話]したところ・・・
[決定]でした゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*
多少、送料がかかるが欲しいもののためには仕方がない(・・)(。。)

「興味を惹かれる本を見つけたら、即購入しなさい。さもないと、その次には絶版になっている。」

という格言が・・・あるのか?
※すみません。今、作りました(笑)

でも、たまに街中の本屋巡りをするのもいいですね。
今、どういうものが売れ筋なのか、本屋の中を覗いただけで何となく分かりますし( ´−`)
そして、自分の読書傾向がいかに流行から外れているかわかりますし(´。`)

で、クロフツについては、以下の2冊[本]も購入手配しました。
たぶん積読本になると思いますがw
死の鉄路 (創元推理文庫 (106‐27))

死の鉄路 (創元推理文庫 (106‐27))

  • 作者: F・W・クロフツ
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 1983/11/25
  • メディア: 文庫
フレンチ油田を掘りあてる (創元推理文庫 106-18)

フレンチ油田を掘りあてる (創元推理文庫 106-18)

  • 作者: F.W.クロフツ
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 1960
  • メディア: 文庫

クロフツは1番最初に『樽』  乱歩が選ぶ黄金時代ミステリーBEST10(9) (乱歩が選ぶ黄金時代ミステリーBEST10) (集英社文庫)を読んでとても面白いと思ったのですが、それ以降、『樽』を超える作品に出会えていないんですね・・・。

その他、買った本。
列のなかの男―グラント警部最初の事件 (論創海外ミステリ)

列のなかの男―グラント警部最初の事件 (論創海外ミステリ)

  • 作者: ジョセフィン テイ
  • 出版社/メーカー: 論創社
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 単行本


男子の魔女(1) (KCデラックス)

男子の魔女(1) (KCデラックス)

  • 作者: 安原 いちる
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/04/15
  • メディア: コミック
最後のは・・・。安原いちる先生のコミックはいいですよ〜。
こちらの記事を参照。)


nice!(16)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 16

コメント 6

コースケ

Yuseumさまの格言、その通りだと思います。
僕もいろんなシリーズを読んでいくうちに、
絶版本に次々と巡り会い、諦めるというのが
何度もありました。

しかしさすがジュンク堂ですね。
それにしても那覇店とは・・・
by コースケ (2011-07-09 21:50) 

れもん

そうなんです!
欲しいと思ったときが買い時で、それを逃すと・・・という言い訳はウチの相方には通じなくて、いつも「これ以上買うな!」と叱られるのです^^;

それにしても那覇店とは!
この間、行ってきたばかりです^^
海外女性作家の作品もいいですねぇ♪
by れもん (2011-07-10 09:08) 

ecco

ハヤカワ文庫の装丁。
歴代のメンバースゴイですね!

装丁がよくて
選ぶ本もありますから
やっぱりカバーは大事ですね。
by ecco (2011-07-10 09:50) 

チヨロギ

安西水丸さんというと村上春樹を思い出します。
イラスト、かわいいですよねー♪
そしてYuseumさんの格言、激しく同感です!
近ごろは発売→絶版のサイクルが異常に早くて、
後回しにしているとすぐに入手不能になってしまいます・・・(T-T)
by チヨロギ (2011-07-11 21:50) 

sara

先日、書店に立ち寄った時、ポワロのDVDを見つけました。
やっぱり購入しちゃおうかな~♪ (*^_^*)
by sara (2011-07-13 12:17) 

Yuseum

>コースケさん、そうなんです。この「格言」を無視したばかりに、後々大変だった思い出がいろいろと(;><)

>れもんさん、そうです。那覇のジュンク堂書店です(^^)
書店からの発送がダメなら、れもんさんにお頼みすることも真面目に検討していたりもしましたf^_^;

>eccoさん、カバーは大切ですよね。
今回新訳だけど、もし中身が全く同じだったとしても、カバーが違うと「うーん?」と悩みます(。_゜)

>チヨロギさん、安西さんのイラストはシンプルなのに味がありますね。
しかし、ここ数年の本屋の出版→絶版は何であんなに速いのか(ー_ーメ)

>saraさん、ポワロのDVDは好きな作品だけ買うのもいいかもですよ。
ただ、吹き替えがNHKのものと違うんですよね。吹き替え重視派なら、要検討した方がいいですよ!
by Yuseum (2011-07-15 13:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。