So-net無料ブログ作成

「名探偵ポワロ」のオーディオドラマ [アガサ・クリスティー]

こんなサイトがありました[exclamation]

名探偵ポワロシリーズのオーディオドラマです[音楽]
ポワロの声はTV「名探偵ポワロ」でお馴染みの熊倉一雄さん
ヘイスティングス大尉の声は、第47話『エッジウェア卿の死』以降吹き替えを担当している安原義人さん
熊倉さんが代表取締役演劇担当を務めるテアトル・エコーの劇団員の皆さんによって、ドラマ仕立てで制作されています。
(ヘイスティングス大尉のナレーション。) 

英国ではポワロ役のデヴィッド・スーシェさん、ヘイスティングス役のヒュー・フレイザーさんがそれぞれ朗読するオーディオブックがありますが、日本発のアガサ・クリスティー原作オーディオブックは珍しいのではないのでしょうか。
今のところネット配信しかないようですが、AppleのiTunes Storeでは、
名探偵ポワロシリーズ 「首相誘拐事件」 - アガサ・クリスティー


名探偵ポワロシリーズ 「マースドン館の悲劇」 - アガサ・クリスティー


にて配信されています。

※オーディオブック配信サービスFeBe(フィービー)ではこちら↓

オーディオブック

 

オーディオブック

さっそく聴いてみましたが、熊倉さんの声はやっぱりポワロですね(・Ω・)/
安原さんも、富山敬さんの後を受け継いで「名探偵ポワロ」5作品にてヘイスティングス大尉の吹き替えを担当されているので、耳に馴染んでいます。
ジャップ警部が、「名探偵ポワロ」の坂口芳貞さんの声でないのは仕方がないですが、ちょっと若々しいというか、自分のことを「僕」と呼んでいるのが少し気になりましたが^_^;
この2本の原作はもちろんTVドラマ化されていますが、オーディオドラマは原作に基づいていますので、TVドラマと比較するのも一興かと。
このシリーズは今後も続くのかな?(CD化はされないのかな?[CD]

原作[本]はこちらの文庫・電子書籍[左斜め下]などに収録されています。
いくつか翻訳があるので、翻訳によって印象もまた変わるかと。

ポアロ登場 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

ポアロ登場 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

  • 作者: アガサ・クリスティー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2004/07/15
  • メディア: 文庫
Kindle版


ポワロの事件簿 1 (創元推理文庫 105-6)

ポワロの事件簿 1 (創元推理文庫 105-6)

  • 作者: アガサ・クリスティ
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 1980/10
  • メディア: 文庫

情婦…クリスティ短編集

情婦…クリスティ短編集

  • 出版社/メーカー: グーテンベルク21
  • メディア: Kindle版

ポワロ登場! 1

ポワロ登場! 1

  • 出版社/メーカー: グーテンベルク21
  • メディア: Kindle版


nice!(25)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 25

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。