So-net無料ブログ作成
アガサ・クリスティー ブログトップ
前の5件 | -

新しい「オリエント急行殺人事件」 [アガサ・クリスティー]

およそ1年ぶりのブログ更新[たらーっ(汗)]


それはさておき[ドコモポイント]

ケネス・ブラナーが監督・主演を務め、ハリウッドを代表する豪華俳優陣で映画化された『オリエント急行殺人事件』が、いよいよ日本でも公開されますね[カチンコ]




クリスティーの作品についてはこれまでにも何度も映像化されてはいますが、今回はハリウッドの大作映画ということで、原作についても今年になって新訳が複数刊行されるなど、色々賑わっています[本]

今回の映画は原作を結構脚色しているようなので、原作は読まずに映画をまず堪能して、その後から興味があれば原作に立ち返る、という考えももちろんあります。

一方、原作を先に読んでおく(もしくは再読する)ことで、謎解きのためのエネルギーを省略できるので、余ったそのエネルギーは、原作と映画の違いを考えたり、映画でしか得られない映像の迫力などを楽しむために使えるアガサ・クリスティ・ファンクラブのメルマガ「グリーンウェイ・ハウス通信」(No.107)より抜粋)から、先に原作を読んでから映画を観に行った方が良い、というご提案もあります。


いずれにしろ、今回の映画をより楽しむために、ここでは原作や過去の映像作品などを簡単にご紹介してみます。
なお、ここでは翻訳の善し悪しについては言及しませんので、あしからず[ふらふら]


1)原作の翻訳本
IMG_1994.jpg
(写真)私の持っている原作本など

まずは、早川書房のクリスティー文庫です。

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

  • 作者: アガサ クリスティー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2011/04/05
  • メディア: 文庫
<Kindle>
オリエント急行の殺人 (クリスティー文庫)

オリエント急行の殺人 (クリスティー文庫)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2011/04/05
  • メディア: Kindle版
クリスティー文庫は今回の映画化に併せて、カバージャケットが新しくなっています。(期間限定?
クリスティー文庫の中でも、『オリエント急行の殺人』は新訳刊行時に期間限定カバーで出版され(上の写真の上段右から3番目)、テレビ・ドラマで三谷幸喜版の『オリエント急行殺人事件』(後述)が放映されたときにカバーが一新され(上段右から2番目)、そして今回と、クリスティー文庫が刊行されて以降この10数年だけでも4回も装丁が変わっており、それだけ人気の高さが伺えます。
なお、クリスティー文庫の旧訳はこちら(上段右から1番目)[左斜め下]
オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

  • 作者: アガサ クリスティー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2003/10/01
  • メディア: 文庫
続いて創元推理文庫(下段右から1番目)
オリエント急行の殺人 (創元推理文庫)

オリエント急行の殺人 (創元推理文庫)

  • 作者: アガサ・クリスティ
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2003/11/09
  • メディア: 文庫
シャーロック・ホームズ研究家としても名高い長沼弘毅氏による訳。1959年初版。
私が最初に読んだ『オリエント急行〜』はこの翻訳本でした。

今年の4月に出た光文社古典新訳文庫(下段右から3番目)
オリエント急行殺人事件 (古典新訳文庫)

オリエント急行殺人事件 (古典新訳文庫)

  • 作者: アガサ・クリスティー
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/04/11
  • メディア: 文庫
(現在のところ)栞がついていて、それに登場人物一覧と客車の見取り図が記されているので、それらを確認したいときに便利。

先月出たばかりの角川文庫の新訳。
オリエント急行殺人事件 (角川文庫)

オリエント急行殺人事件 (角川文庫)

  • 作者: アガサ・クリスティ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/11/25
  • メディア: 文庫

私が持っているのは電子書籍版です(上の写真の一番左)
それぞれの訳者あとがきに記されているのですが、光文社古典新訳文庫と角川文庫とではアームストロング大佐のファーストネームを翻訳する際のスタンスが異なるのが興味深いです。

なお、角川文庫の旧訳についてはグーテンベルク21が刊行している以下の電子書籍でも読むことが出来ます。
オリエント急行殺人事件 名探偵ポワロ

オリエント急行殺人事件 名探偵ポワロ

  • 出版社/メーカー: グーテンベルク21
  • 発売日: 2012/12/19
  • メディア: Kindle版
その他にも翻訳本はありますが、現在は絶版なので割愛。

2)原書
原書についても、ペーパーバックなど多々あるとは思いますが、ここでは先月出たばかりのこちらの文庫[左斜め下]をご紹介。
オリエント急行殺人事件 MURDER ON THE ORIENT EXPRESS (KODANSHA ENGLISH LIBRARY)

オリエント急行殺人事件 MURDER ON THE ORIENT EXPRESS (KODANSHA ENGLISH LIBRARY)

  • 作者: アガサ・クリスティ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/11/17
  • メディア: 文庫
上の写真(下段右から2番目)にもあるように、文庫サイズの講談社英語文庫。
オビに英語原作を日本語の語注つきで読めるのは本書だけ!と謳っているように、巻末には文中に登場する単語の意味などがかいつまんで掲載されています。
TOEICレベルで450点〜、とのこと。
なお、Twitterで知ったのですが(モダハムさん、ありがとうございます(*'-'*))アガサ・クリスティ・ファンクラブのホームページにある「コンパニオンブック」のリンクからも、"Murder on the Orient Express"の単語集を確認することが出来ます。
こちらの方が、講談社英語文庫の語注より少し詳しめかな。

続きを読む


nice!(14)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

アガサ・クリスティー『そして誰もいなくなった』:BBCドラマ版が日本初放送 [アガサ・クリスティー]

NHK BSプレミアムで11/27(日)PM9時より放送されます。
英国BBCで昨年末に放送され、好評だったと聞いています。全3回。
そして誰もいなくなった - NHK

『アガサ・クリスティー そして誰もいなくなった』、11月27日(日)より日本初放送!-海外ドラマNAVI

言わずと知れたクリスティーの代表作ですが、この記事タイトルにわざわざ「アガサ・クリスティー」 とつけたのは、最近日本のドラマで似たようなタイトルのドラマが放送されたので、それと混同されないように(^0^;)

原作はこちら。(Kindle版
(その昔、ホームページに書いた私の感想。)

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

  • 作者: アガサ・クリスティー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2010/11/10
  • メディア: 文庫



なるべく事前情報は入れないようにしているのですが、今回のドラマに注目しているのは、
結末が原作通り
だと聞いているから。

『そして誰もいなくなった』は過去何度か映像化されているのですが、小説どおりの結末でないことが多々ありました。
というのも、これまでの映像作品はクリスティー自身がロンドンの舞台用に戯曲化した「戯曲版」に基づいており、この戯曲版は劇場まで観に行った客たちが、観劇後に気持ちよく晩餐に行けるよう、結末が改変されているアガサ・クリスティー完全攻略より。Kindle版)からです。
戯曲版はこちら[左斜め下]で読むことが出来ます。

そして誰もいなくなった

そして誰もいなくなった

  • 作者: アガサ クリスティ
  • 出版社/メーカー: 新水社
  • 発売日: 2000/09/25
  • メディア: 単行本







また、これまでの映像作品は、それを差し引いても、いずれも凡作と言いますか[たらーっ(汗)]
最初に作られたルネ・クレール監督の映画[左斜め下]は、戯曲版に忠実とは言われていますが、小説版に馴染んでいるとコミカルな部分がどうも。。。

そして誰もいなくなった CCP-147 [DVD]

そして誰もいなくなった CCP-147 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 株式会社コスミック出版
  • メディア: DVD

続きを読む


nice!(12)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

【覚え書き】あなたが選ぶ!ミス・マープル&名探偵ポワロ ベストエピソード [アガサ・クリスティー]

AXNミステリーで募集していたキャンペーンで、「アガサ・クリスティー ミス・マープル」全23話と「名探偵ポワロ」長編全34話の中から投票が行われ、クリスティーの誕生月に合わせてランキング形式で放送されました。
AXNミステリーのホームページにも結果が掲載されていますが、消えるかもしれないので備忘録として^_^;

拙ブログにも記載した早川書房クリスティー文庫ベストセラーランキングとも比較するのも面白いでしょう。

まず、ミス・マープル。 

アガサ・クリスティーのミス・マープル DVD-BOX 1

アガサ・クリスティーのミス・マープル DVD-BOX 1

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD
アガサ・クリスティーのミス・マープルDVD-BOX4

アガサ・クリスティーのミス・マープルDVD-BOX4

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD

1位  シーズン1 第3話 「パディントン発4時50分」 
2位  シーズン3 第4話「復讐の女神」
3位  シーズン4 第1話「ポケットにライ麦を」
3位  シーズン5 第4話「鏡は横にひび割れて」(同数票)
 

5位  シーズン3 第1話「バートラム・ホテルにて」
6位  シーズン2 第1話「スリーピング・マーダー」
7位  シーズン1 第4話「予告殺人」
8位  シーズン6 第1話「カリブ海の秘密」
9位  シーズン1 第1話「書斎の死体」
10位  シーズン1 第2話「牧師館の殺人」


11位  シーズン4 第4話「なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?」
12位  シーズン6 第3話「終わりなき夜に生まれつく」
13位  シーズン3 第3話「ゼロ時間へ」
13位  シーズン4 第2話「殺人は容易だ」 (同数票)
15位  シーズン5 第1話「蒼ざめた馬」
16位  シーズン5 第3話「青いゼラニウム」
17位  シーズン2 第3話「親指のうずき」
18位  シーズン2 第2話「動く指」
19位  シーズン3 第2話「無実はさいなむ」
19位  シーズン5 第2話「チムニーズ館の秘密」 (同数票)

21位  シーズン2 第4話「シタフォードの謎」
22位  シーズン4 第3話「魔術の殺人」
23位  シーズン6 第2話「グリーンショウ氏の阿房宮」

ミス・マープルと言えば、12/24にAXNミステリーでジョーン・ヒクソン版のHDリマスター版が一挙放送されるので、そちらも楽しみですね。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「名探偵ポワロ」のオーディオドラマ(その2) [アガサ・クリスティー]

以前、拙ブログの記事、
「名探偵ポワロ」のオーディオドラマ
にて紹介したオーディオドラマですが、あれから去年の夏〜秋にかけて3作の長編が発表されています。
「名探偵ポワロ」の声でお馴染みだった熊倉一雄さんがお亡くなりになって早1年になることもあり、遅ればせながら本記事にまとめておきます。

Studio Echoオーディオ・ドラマの項にも紹介されていますが、今のところダウンロード販売のみです。
また、先に紹介した短編2作はiTunes Storeでも販売されていますが、以下の3作は(販売予定はあったようですが) 現時点でiTunesでは販売されていません。
オーディオブック配信サービスFeBe(フィービー)のみの取扱となっています。
FeBeはスマートフォン用の専用アプリもありますし、 パソコンにダウンロードしてiTunes経由でiBooksに取り込んだりすることなども可能です。
(詳細は、FeBeのよくある質問をご参照。)

『ABC殺人事件』。ヘイスティングス大尉(安原義人さん) の語りです。

ABCとほぼ同時期、去年の9月頃に発売された『オリエント急行の殺人』。
ヘイスティングス大尉が語りではない最初の作品ですが(でも、安原さんは別役で出演)、ポワロは熊倉さん。
先に発表された短編2作と比べても、熊倉さんの声に少し老いは感じられますが、2時間楽しめる内容です。

そして、去年の11月頃に発表された『ナイルに死す』。
どうやらこれが最後の作品のようです。。。 
でも、短編『首相誘拐事件』、『マースドン荘の悲劇』も含めたこれらの作品は、熊倉さんの声でTVドラマとの比較もできたりするのが嬉しいですね[音楽][TV]

続きを読む


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

早川書房クリスティー文庫ベストセラーランキング(ポワロ&マープル) [アガサ・クリスティー]

ブログではごぶさたしていますf^_^;
いくつかブログネタはあるけれど、それは置いといて¢( ・・)ノ゜

2016年3月、AXNミステリー(4月から無印スカパー!でも放送開始!)では
「早川書房クリスティー文庫ベストセラーランキング」
 と題して、アガサ・クリスティーの生み出した2大名探偵ポワロとマープルの長編全作品について、クリスティー文庫におけるセールス順に、名探偵ポワロアガサ・クリスティー ミス・マープルの各作品を放送しています。

通常、ベストセラーランキングは上位作品しか分からないところ、今回の放送では下位の作品も分かるというのが面白いです(*^。^*)
クリスティー文庫は2003年10月に創刊されているので、この十数年におけるクリスティー作品のセールス傾向が分かるのも興味深い。
(ひょっとすると、この数年のセールスなのかもしれませんが。) 

で、このランキング。
実は、AXNミステリーの3月&4月番組表を見れば分かったりするのですが(^0^)/
だから、AXNミステリーでランキング順に見るのを楽しみにしているから[TV]…という方は、以下の記事はしばらく読まないように_(_^_)_
自分の備忘録として記録していきます。

それでは、今日(2016年3月3日)時点で放送済みの作品から。

ミス・マープル長編12話ベストセラーランキング
12位:鏡は横にひび割れて
11位:魔術の殺人
10位:動く指

・・・『鏡は横にひび割れて』が最下位。
『鏡は横にひび割れて』が最下位(゚д゚)!

大変意外です[exclamation]
クリスタル殺人事件で映画化もされているし、ミス・マープルの作品の中でも比較的評価の高い作品だと思っていたので( ・_・;)
1つ考えられるのは、ミス・マープルの作品群は粒揃いの佳作が多いですが、抜きんでた作品もないので、セールス的には12位〜5位あたりは団子レースのような気はします(゚-゚)
ただ、『鏡は横にひび割れて』は、その団子レースの中から頭一つ飛び抜けた作品だと思うのですがねぇ。
特別、本の価格が高いわけでもないし、品切れしていたわけでもないと思うし。。。 
初っ端から色々興味深いランキングです。

続きを読む


nice!(20)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の5件 | - アガサ・クリスティー ブログトップ