So-net無料ブログ作成

六死人がマネキン殺害で電子化を企てて…w(7/26追記) [Mystery]

シェアブログ1041に投稿
なんだか、いきなりBlogPetのホムルアが書きそうなタイトルで始まりましたf^_^;
(追記)下に、iPhoneを用いた場合を追加しました。

IMG_0003.gif

 


創元推理文庫の今年の復刊フェアで復刊した、S=A・ステーマンの『六死人』をようやく読了。
あんなに薄い作品なのに、読む時間がエラクかかってしまったものだ( ´−`)

感想はYuseumのホムペに掲載したので、興味のある方はそちらをご覧になって下さい。
でも、この作品は先入観抜きで読んだ方がいいでしょう。
(「この作品は知らないけどミステリはそこそこ読んでいる方」は、間違っても「訳者あとがき」から読まないように^_^
直接ネタバレはしていませんが、読めばネタが分かります(゜ペ;)

でも、今日のこの記事のメイントピックは『六死人』ではなく、同じ作者の書いた↓の作品をiPodで読むこと。

 


はい。『マネキン人形殺害事件』
おどろおどろしいタイトルですね{{ (>_<) }}
この本、もとは角川文庫から出ていましたが、既に絶版。
だから、グーテンベルク21さんの提供する「電子書籍」で読むことに。

 

「電子書籍」といえば、その昔、YuseumがPDAの"Palm"(・・・懐かしい)を持っていたときに、ちょっと使ってみたけど、どうも馴染めず。
その後、その"Palm"がお古になりiPodが登場したので、iPodにテキスト形式の電子書籍ファイルを入れて読んでみたけど、これがPalm以上に読みにくいし、使い勝手も悪いし・・・。
で、しばらくご無沙汰でした。
やっぱ、電子書籍は「モバイル端末」で読めないと、あまりメリットがないし・・・。

だから、「電子書籍」情報を疎かにしていたのですが、最近は「ドットブック形式」"T-Time5.5"っていうソフトを使って読むのが主流みたいですね。
こんな感じ↓で、パソコン上では読むことが出来ます。

そして、T-Time5.5のユーザー登録をすると「書き出し」機能が使えるようになり、「ドットブック形式」の電子書籍をiPodやメモリーカードスロット付き携帯電話、PSPなどの携帯端末で読めるんです(!o!)オオ!

そこで、YuseumのiPod(5G, 80GB)と携帯電話P903iTV(2GB microSDカード搭載)の2つを使って、「書き出し」を試してみました(^^)v

まず、「書き出し」の特徴ですが写真、つまり「ピクチャ」として電子書籍を取り込むのです。
iPodの場合、パソコンのハードディスク内に予め作られた"Pod Photo Books"というフォルダに多数のJPEGファイルが格納されます。
それを、i-Tunesを使って「写真」としてiPodと同期するわけです。

同期後は、iPodの「写真」に左下のようなフォルダが作成されます。
これらを開いて、右のように作品を読むわけです。
「写真」だから、文字が綺麗で読みやすいわけです。

ケータイの場合も書き出し方法は似ていますが、こちらはメモリーカードをカードリーダーに認識させて、それに直接画像ファイルをDLするんです。
だから、「書き出し」が遅い
あと、ファイルサイズが1GB程度になってしまうから、これはメモリーカードにはちょっと辛い。
iPod nanoを使う場合も同様で、最低2GBの容量はないと、1冊の本を収めるのは難しいですね。

でも、保存方法や読みやすさはとiPodではそれほど差はないです。
下の画像は古いデジカメで撮ったから近距離が撮影しづらく、おまけににスクリーンカットを貼っているから、ボケてますけど

むしろ、「操作性」という点から言えば、日本では「ケータイ文化」が深く浸透していて慣れているから、の方がいいです。
iPodは、ボタンでページをめくるのはなんか感触が悪いし、ホイールスクロールもイマイチ使いづらいし・・・。
「スライドショー」にすれば、操作しないでも読むことは可能ですけどねσ(^^)
(ちなみに、僕のP-903iTVでスライドショーをすると逆からページめくりするのでダメ(x_x))

一番最適なのは、iPod touchかもしれませんね。
タッチパネルだし、横にも出来るし(・・)(。。)
この記事に点数をつける

Apple iPod touch 8GB MA623J/A

Apple iPod touch 8GB MA623J/A

  • 出版社/メーカー: アップルコンピュータ
  • 発売日: 2007/09/25
  • メディア: エレクトロニクス

('08/07/26追記)ということで、iPhone/iPod touchを用いた場合。
書き出しのやり方は、iPod(5G)の場合と全く同じです。
写真アルバムに下のように保存されます。

IMG_0002.PNG


iPhone/iPod touchを横にして(画面が大きくなり読みやすくなります)タッチパネル上で指を右から左にスライドしていけば、サクサクと読めて非常に快適です。
ちょうど下のアニメーションのような感じですね。(本当はもっと速いけど。)
まあ、実際の本のページをめくる感覚からすれば、
指を左から右にスライド[soon] させた方が感覚的には正しいのでしょうがf(^ー^;
でも、慣れればそれほど気になりません。
操作性はピカイチです[ぴかぴか(新しい)]

IMG_0003.gif

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ王ランキング
 トプログ
★imodeBEST100★
 ★EZwebBEST100★ ★SoftBankBEST100★
CoRichブログランキング  


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

降龍十八章

偶然?ですが、今、韓国ドラマの『六死臣』が面白いです。
by 降龍十八章 (2007-10-22 21:09) 

ゆーじあむ

降龍十八掌さん、ご無沙汰です。
コメントありがとうございますm(__)m
by ゆーじあむ (2007-10-24 21:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0