So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

聴取者への挑戦—EQのラジオドラマをスマホで— 【2018年7月追記】 [エラリー・クイーン]

【2018年7月追記】
最近、エラリー・クイーンのラジオドラマ集第3弾が出版されました[左斜め下]
犯罪コーポレーションの冒険 聴取者への挑戦III (論創海外ミステリ213)

犯罪コーポレーションの冒険 聴取者への挑戦III (論創海外ミステリ213)

  • 作者: エラリー・クイーン
  • 出版社/メーカー: 論創社
  • 発売日: 2018/07/04
  • メディア: 単行本
そういえば、エラリー・クイーンのラジオドラマについて、何かブログに書いたな〜とこの記事を見てみると、リンクが多数切れているのを発見[あせあせ(飛び散る汗)]
幸い、多くのリンクはリンク先を修正すれば何とかなりそうなので、この機会に修正しました。
 
また、
・記事のサブタイトルを「iPhone」→「スマホ」に変更。
・各エピソードについては、以下のエラリー・クイーンの評伝の中でも触れられています。
 邦訳のないエピソードについても、この評伝
[左斜め下]の「作品名索引」に記載の邦題を放送年月日の前の「」内に記しましたので、ご参照ください。
エラリー・クイーン 推理の芸術

エラリー・クイーン 推理の芸術

  • 作者: フランシス・M. ネヴィンズ
  • 出版社/メーカー: 国書刊行会
  • 発売日: 2016/11/28
  • メディア: 単行本
(以下、2010年11月14日に記したブログ記事に加筆・修正。)
1939年〜1948年に放送されたラジオドラマ「エラリー・クイーンの冒険」。
その一部の脚本は、単行本で読むことができます。
ナポレオンの剃刀の冒険―聴取者への挑戦〈1〉 (論創海外ミステリ)

ナポレオンの剃刀の冒険―聴取者への挑戦〈1〉 (論創海外ミステリ)

  • 作者: エラリー クイーン
  • 出版社/メーカー: 論創社
  • 発売日: 2008/03
  • メディア: 単行本
死せる案山子の冒険―聴取者への挑戦〈2〉 (論創海外ミステリ)

死せる案山子の冒険―聴取者への挑戦〈2〉 (論創海外ミステリ)

  • 作者: エラリー クイーン
  • 出版社/メーカー: 論創社
  • 発売日: 2009/03
  • メディア: 単行本
一部の放送は今でも記録に残っているようで、アメリカではこんなMP3ディスクも発売されているようです。
ここでは、インターネットでも聴くことができる(おそらく流出?)ものを整理してみました。
iPhoneやAndroidでも聴きやすい(見やすい)ように、このブログではなく、最近野ざらし状態だったアメブロ「祐術館」まとめてみました(^^ゞy→下にまとめます。
下のリンク先をクリックしてください。
参考サイトは以下の通り。
また、上述の単行本も参照しています。
(参考サイトの大半がリンク切れでした[たらーっ(汗)]
ソネブロがスマートフォン向け表示に最適化されたようなので、こちら[左斜め下]に掲載しておきます[メモ]
[ひらめき]「エラリー・クイーンの冒険」ラジオドラマ19エピソード
(リンク先で再生ボタンを押したら再生されるかと。)
39-0:"Author, Author"[音楽]「作家よ!作家よ!」(Apr. 7, 1939)
 ※)この録音は「エラリー・クイーンの冒険」ではない。S・J・ペレルマン司会、エラリー・クイーンの2人が進行役のラジオ番組第1回。
 ※)このラジオ番組については、クイーン談話室でも触れられている。
クイーン談話室

クイーン談話室

  • 作者: エラリー クイーン
  • 出版社/メーカー: 国書刊行会
  • 発売日: 1994/07/01
  • メディア: 単行本
39-7:The Bad Boy 『悪を呼ぶ少年の冒険』(Jul. 30, 1939)
→リンク切れ。YouTubeにあり。(Ellery Queen: Adventure of the Bad Boy - ComicWeb Old Time Radio[TV])
 ※)録音自体は再演。(1948年1月4日に放送された番組"FORD THEATER"にて。)
 ※)ナポレオンの剃刀の冒険―聴取者への挑戦〈1〉 (論創海外ミステリ)に脚本が収録。
42-27:The World Series Crime[音楽]『ワールド・シリーズの犯罪』(Oct. 8, 1942)
 ※)再放送(Sep. 30, 1943)の録音音源[音楽]もある。
 ※)犯罪コーポレーションの冒険 聴取者への挑戦III (論創海外ミステリ213)に収録のエピソード・ガイドを参照。
 ※)エラリー・クイーン探偵事務所に脚本と放送ドラマが収録。
(英語学習用のCD付きシナリオ。初版はカセットブック。ただし、ニッキイ・ポーターのスペルが"Nikki"ではなく"Nicky"となっていたり、ヴェリー"Velie"巡査部長がヴィーリー"Veely"巡査部長になっていたりする。)
エラリー・クイーン探偵事務所 ラジオドラマCD付き (イングリッシュトレジャリー・シリーズ)

エラリー・クイーン探偵事務所 ラジオドラマCD付き (イングリッシュトレジャリー・シリーズ)

  • 作者: エラリー クイーン
  • 出版社/メーカー: 語学春秋社
  • 発売日: 2006/09/25
  • メディア: 単行本
43-1:The Singing Rat[音楽](「歌うネズミ」;Jan. 7, 1943)
43-12:The Circus Train[音楽](「サーカス列車」;Mar. 25, 1943)
43-28.5:The Vanishing Magician[音楽](「消えた奇術師」;Nov. 4, 1943)
  ※)40-34:The Disappearing Magician (「姿を消した奇術師」;Sep. 15, 1940)の再演。「姿を消した奇術師」は、犯罪コーポレーションの冒険 聴取者への挑戦III (論創海外ミステリ213)エピソード・ガイドが収録されている。
44-1:The Mischief Maker[音楽](「もめごと起こし屋」;Jan. 13, 1944)
  ※)原型は、40-3:Anonymous Letters (「匿名の手紙」;Jan. 21, 1940)である。
44-C2:The Scarecrow and the Snowman[音楽]『案山子と雪だるまの冒険』(Jan. 20, 1944)
 ※)40-1:The Dying Scarecrow『死せる案山子の冒険』の短縮版。この脚本は、死せる案山子の冒険―聴取者への挑戦〈2〉 (論創海外ミステリ)に収録。
44-C8:Dead Man's Cavern[音楽](「死者の洞窟」;Apr. 13, 1944)
 ※)39-19:The Haunted Cave『呪われた洞窟の冒険』の短縮版。この脚本は、ナポレオンの剃刀の冒険―聴取者への挑戦〈1〉 (論創海外ミステリ)に収録。
44-12:The Foul Tip[音楽]『13番ボックス殺人事件』(Jul. 13, 1944)
 ※)「エラリー・クイーンの新冒険」 (創元推理文庫)収録『人間が犬をかむ』の脚色。
 ※)犯罪コーポレーションの冒険 聴取者への挑戦III (論創海外ミステリ213)に収録のエピソード・ガイドも参照
45-27:Nick the Knife (The Slicer)[音楽]『ニック・ザ・ナイフ』(Aug. 1, 1945)
 ※)この脚本は、本国では一篇も活字化されていないが、日本では録音テープから独自に翻訳したものが読める。法月綸太郎の本格ミステリ・アンソロジー (角川文庫)に収録。
 ※)犯罪コーポレーションの冒険 聴取者への挑戦III (論創海外ミステリ213)に収録のエピソード・ガイドも参照。
45-39:The Message in Red[音楽](「赤いメッセージ」;Nov. 7, 1945)
46-13:The Armchair Detective[音楽](「安楽椅子探偵」;Mar. 27, 1946)
47-9:Nikki Porter, Killer[音楽](Mar. 5, 1947)
 ※)録音自体は1954年のオーストラリア放送版(Nikki Porter, Suspect)。
47-22:Number 31[音楽](「ナンバー31」;Sep. 7, 1947)
47-25:The Saga of Ruffy Rux[音楽](「ラフィー・ラックスの伝説」;Nov. 27, 1947)
47-25.5:The Man in the Street[音楽](Dec. 4, 1947)
48-9:The Three Frogs[音楽](「三匹のカエル」;Apr. 29, 1948)
48-10:One Diamond[音楽](「ワン・ダイヤモンド」;May 6, 1948)
(2018年7月の余談)
エラリー;クイーンと言えば、今月はこちら[左斜め下]の代表的な短編集(新訳版)が出版されましたね[本]
エラリー・クイーンの冒険【新訳版】 (創元推理文庫)

エラリー・クイーンの冒険【新訳版】 (創元推理文庫)

  • 作者: エラリー・クイーン
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2018/07/20
  • メディア: 文庫
新訳版では、今まで削除されていた「J・J・マック」の序文や、(世界短編傑作集 4 (創元推理文庫 100-4)に収録されていたため割愛されていた)傑作短編『いかれたお茶会の冒険』The Adventure of the Mad Tea-Partyも収録されている完全版[exclamation]
<クイーンの定員 Queen's Quorum>の一冊としても自選されている本作を大いにご堪能下さい。

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0