So-net無料ブログ作成
エラリー・クイーン ブログトップ
前の5件 | -

「クイーン再入門」特集で残念に思ったこと [エラリー・クイーン]

まず。
もしも、伝説のロックバンドの情報をお求めに拙サイトへ来られた方。
申し訳ございません(_ _)
この記事は、今から90年前にアメリカでデビューした作家「エラリー・クイーン」、早川書房ならば「エラリイ・クイーン」に関する記事です。


さて。
「クイーン再入門」とは、ハヤカワミステリマガジン2019年7月号の特集です。

ミステリマガジン 2019年 07 月号 [雑誌]

ミステリマガジン 2019年 07 月号 [雑誌]

  • 作者:  
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2019/05/25
  • メディア: 雑誌
ミステリ界にのちのちまで多大な影響を与えたエラリイ・クイーン、ということで、著名人のみなさんによる「初心者にお薦めのクイーン」というコーナーがあるのですが。
ハヤカワ・ミステリ文庫のクイーン作品、「電子書籍」のみや「品切れ中」が多いような…[exclamation&question]
いや、電子書籍はまだ読めるからいいのですよ。
ただ、小説の分野はまだまだ紙書籍の方がいい、という方が多数なのも事実。


「国名シリーズ」や「悲劇四部作」のようなクイーン前期の作品は、新訳が角川文庫や創元推理文庫から出版されています。
ただ、クイーン中・後期の作品はたいてい早川書房が翻訳権を持っているので、ハヤカワ・ミステリ文庫でないと読めないのですよね。
だから、エラリイ・クイーンの諸作がほとんど読めるのはハヤカワ・ミステリ文庫…のはずなのですが(´ε`;)ウーン…

この数年、早川書房さんから新訳で出版されたのはこの二冊。

災厄の町〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

災厄の町〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

  • 作者: エラリイ・クイーン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2014/12/05
  • メディア: 文庫
九尾の猫〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

九尾の猫〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

  • 作者: エラリイ・クイーン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2015/08/21
  • メディア: 文庫
いずれも中期の名作ですが、実質、この二冊しかハヤカワ・ミステリ文庫のエラリイ・クイーンの紙書籍の新刊は入手できません。
今から20年ほど前、私がクイーンにはまった頃は、本屋さんに行くと(今回の特集で芦辺拓さんも触れられているように)ハヤカワ・ミステリ文庫の青い背表紙がズラリと並んでいて壮観だったのですが、それも今は昔。。。
だから、今回の特集で多くの方が仰っていたように、まずは『災厄の町』『九尾の猫』の間を埋める『フォックス家の殺人』『十日間の不思議』の新訳をお願いします[exclamation]
(訳者の越前敏弥さんも望まれているし。)
一応、これらの二作は電子書籍で読める状態ではあります。
フォックス家の殺人

フォックス家の殺人

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 1999/09/15
  • メディア: Kindle版
十日間の不思議

十日間の不思議

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2005/06/15
  • メディア: Kindle版
新訳と言えば、うれしいニュースも記されていました。
創元推理文庫ではありますが、2020年に短編集『エラリー・クイーンの新冒険』新訳が出版予定とのこと。
これについては、私の別ブログにて希望を出していたので、うれしいですね゚(o´∀`o)
定員No. 90:新訳で親しみやすくなった『エラリー・クイーンの冒険』


続きを読む


nice!(13)  コメント(0) 

聴取者への挑戦—EQのラジオドラマをスマホで— 【2018年7月追記】 [エラリー・クイーン]

【2018年7月追記】
最近、エラリー・クイーンのラジオドラマ集第3弾が出版されました[左斜め下]
犯罪コーポレーションの冒険 聴取者への挑戦III (論創海外ミステリ213)

犯罪コーポレーションの冒険 聴取者への挑戦III (論創海外ミステリ213)

  • 作者: エラリー・クイーン
  • 出版社/メーカー: 論創社
  • 発売日: 2018/07/04
  • メディア: 単行本
そういえば、エラリー・クイーンのラジオドラマについて、何かブログに書いたな〜とこの記事を見てみると、リンクが多数切れているのを発見[あせあせ(飛び散る汗)]
幸い、多くのリンクはリンク先を修正すれば何とかなりそうなので、この機会に修正しました。
 
また、
・記事のサブタイトルを「iPhone」→「スマホ」に変更。
・各エピソードについては、以下のエラリー・クイーンの評伝の中でも触れられています。
 邦訳のないエピソードについても、この評伝
[左斜め下]の「作品名索引」に記載の邦題を放送年月日の前の「」内に記しましたので、ご参照ください。
エラリー・クイーン 推理の芸術

エラリー・クイーン 推理の芸術

  • 作者: フランシス・M. ネヴィンズ
  • 出版社/メーカー: 国書刊行会
  • 発売日: 2016/11/28
  • メディア: 単行本
(以下、2010年11月14日に記したブログ記事に加筆・修正。)
1939年〜1948年に放送されたラジオドラマ「エラリー・クイーンの冒険」。
その一部の脚本は、単行本で読むことができます。
ナポレオンの剃刀の冒険―聴取者への挑戦〈1〉 (論創海外ミステリ)

ナポレオンの剃刀の冒険―聴取者への挑戦〈1〉 (論創海外ミステリ)

  • 作者: エラリー クイーン
  • 出版社/メーカー: 論創社
  • 発売日: 2008/03
  • メディア: 単行本
死せる案山子の冒険―聴取者への挑戦〈2〉 (論創海外ミステリ)

死せる案山子の冒険―聴取者への挑戦〈2〉 (論創海外ミステリ)

  • 作者: エラリー クイーン
  • 出版社/メーカー: 論創社
  • 発売日: 2009/03
  • メディア: 単行本
一部の放送は今でも記録に残っているようで、アメリカではこんなMP3ディスクも発売されているようです。
ここでは、インターネットでも聴くことができる(おそらく流出?)ものを整理してみました。
iPhoneやAndroidでも聴きやすい(見やすい)ように、このブログではなく、最近野ざらし状態だったアメブロ「祐術館」まとめてみました(^^ゞy→下にまとめます。
下のリンク先をクリックしてください。
参考サイトは以下の通り。
また、上述の単行本も参照しています。
(参考サイトの大半がリンク切れでした[たらーっ(汗)]
ソネブロがスマートフォン向け表示に最適化されたようなので、こちら[左斜め下]に掲載しておきます[メモ]

続きを読む


エラリー・クイーンの災難 [エラリー・クイーン]

大変ごぶさたです(;´∀`)
ブログ更新が御無沙汰の上、「ミステリ通信」のくせにミステリにほとんど触れていないので、少しだけミステリに関してσ(^◇^;)
エラリー・クイーンの災難 (論創海外ミステリ 97)

エラリー・クイーンの災難 (論創海外ミステリ 97)

  • 作者: エドワード D.ホック
  • 出版社/メーカー: 論創社
  • 発売日: 2012/05
  • メディア: 単行本
久しぶりの論創海外ミステリはエラリー・クイーンのパスティーシュ&パロディ集です[本]
日本独自の編纂だったと思いますが、EQご親族の方々からも同意を得ています(と思います[あせあせ(飛び散る汗)]
明日25日に店頭に並ぶ模様。
だから、何が収録されているのか、まだちゃんと知りません( ・∀・)
でも、[本格ミステリの名手]エドワード・D・ホックによる作品や、山口雅也の本格ミステリ・アンソロジー (角川文庫)にも収録された、代表的なEQパロディであるアーサー・ポージス『イギリス寒村の謎』など収録されている、大変興味を惹かれる作品集です(*^O^*)

(蛇足ながら、確かアーサー・ポージスはこれとか、後で少し触れるシャーロック・ホームズの栄冠 (論創海外ミステリ)に収録されているホームズ・パロディなどが好評だったから、論創社さんが彼の短編集『八一三号車室にて』を出版したんじゃなかったのかな?)

さて、これも蛇足ですが。
なぜ、「災難」Misadventures かというと。
エラリー・クイーンがシャーロック・ホームズのパスティーシュ&パロディ集である「シャーロック・ホームズの災難」The Misadventures of Sherlock Holmesを編纂しているからです。
日本では、

この短編集は、英米ではコナン・ドイルの親族だったかの抗議により発禁処分になったのに(今はどうなのかしら(・_・)?)、日本の翻訳版は普通に売られていたようですw
もっとも、上の文庫本も今では品切れ状態ですけれど(‥ゞ

ついでに、どうでもいいことですが、過去に個人的なシャーロック・ホームズの災難がありました[わーい(嬉しい顔)]

話がかなり脇道に逸れましたが、「EQの災難」楽しみです[揺れるハート]

続きを読む


視聴者への挑戦—EQのテレビドラマを日本で— [エラリー・クイーン]

EQ6.png
にせみさんのブログ記事に触発されて購入したYuseum。
通常配送で注文したので、1ヶ月くらいかかるかなぁ〜と思っていたけれど、その半分くらいで届きました[船]
日本でも以前テレビ放送されたことがありますが、本国も含めて、これまでビデオ化、DVD化されていなかったシリーズが、ついに(o゜▽゜)です!

まだ日本では手に入りません(´。`)
でも、そこは円高[ひらめき]
配送料を併せても日本では信じられない価格で購入できました(^^)v
(パッケージの作りがややショボイのは気にしないw)
下は、YouTubeにあった第1話『蛍の光の冒険』The Adventure of Auld Lang Syneのオープニング[人影]

さて。
アメリカ製のDVDなので、テレビの映像方式[TV]は日本と同じNTSCで問題ないのですが、DVDのリージョンコードが日本と異なるので、普通のDVDプレイヤーでは再生できません(・・)

続きを読む


動機/探索 [エラリー・クイーン]

にせみさんのブログを読んで知ったのですが、EQFCのホームページクイーン談話室に、エラリー・クイーン原作の中編『動機』The Motiveを映像化した、「探索」Terror at Northfieldという作品がAXNミステリーで放映中の「ヒッチコック劇場」にて放送される、という情報[メモ]

「おっ、これは見なきゃ[TV]
ということで録画したものを、本日見ることに。
「その前に、原作をもう1回読むか。確か4年前に1回読んだけど、内容忘れたしσ(^◇^;)」
ということで、にせみさんは番町書房の本で読まれていましたが、Yuseumはこちらの本↓で再度することに・・・[本]
・・・・・
・・・・・って[exclamation&question]
間違いの悲劇 (創元推理文庫)

間違いの悲劇 (創元推理文庫)

  • 作者: エラリー・クイーン
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2006/01/20
  • メディア: 文庫
「あれっ、これ1回も読んでないや[爆弾]( ゚д゚)ドカーン!!」

実は、Yuseum。クイーンの作品を全て読んでいるわけではなく、一部未読のまま残しているんですね。
(ほら、美味しいものは後から食べるタイプなんですw)
で、この短編集も表題作『間違いの悲劇』は読んだのですが、他の短編は後にとってあるんです。
ただ、最初に収録されている『動機』は読んだ、と思っていたのですがf^_^;

で、遅ればせながら読みました[わーい(嬉しい顔)]
「ミッシングリンク中編」と名付けられたこの作品。
クイーンにしては珍しくノン・シリーズ物です。
ノースフィールドという町に住む農夫の息子、トミーが行方不明になった。やがて、遺体が発見されるのだが、その数週間後、新たな死体が発見された。トミーの遺体があった場所で・・・。最初の殺人事件を忠実に再現している他は、何の共通点も見いだせない。誰が、いったい何の目的で? 捜査が八方塞がりになる中、第3の事件が起こる・・・!
ミッシングリンク(失われた環)とは、連続殺人の相互に関係なさそうな共通項を意味します。
では、今回の事件の共通項は?
・・・うーん?
確かに共通項はあったのですが、前半部で「あること」をちゃんとほのめかしていないから、これは推理できないのでないかい?
クイーンお得意の「何気ない小物」はちゃんと描写していたのに、これはもったいないな〜、という気がしました。
まあ、作品としてはなかなか面白かったですが。

で、続いて映像作品を見てみました[TV]

続きを読む


前の5件 | - エラリー・クイーン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。