So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
クリスチアナ・ブランド ブログトップ

サッカーW杯と“Murder Game” [クリスチアナ・ブランド]

 今日(2010/5/30)の日本xイングランドの親善試合を見て[TV]、4年前に書いたこの記事を思い出したので、上げておきます(^^ゞ

4年前の記事なので、2010年のイングランドは44年ぶりの優勝を目指すことになります[サッカー]


サッカーW杯も佳境を迎えました。

Yuseumが日本代表以外に興味を持っているのは、40年ぶりの優勝を目指していたイングランド代表。
これは英国ミステリ好きと無縁ではありません。
今日は、そのイングランド、PK戦でポルトガルに敗れてしまいました(´ヘ`;)

ところで、サッカーとミステリで何か面白いネタはないかな、と調べてみたんですが、意外にないんですね。
もちろん、サッカーを題材にしたミステリーがないわけではなくて、例えば、あのサッカーの神様ペレの書いた『ワールドカップ殺人事件』というのもあります。
でも、Yuseumの探しているのは、サッカーの母国イングランドで生まれた英国ミステリ。
と思っていたら、灯台もと暗し。意外なところにありました。
Yuseumの大好きなクリスチアナ・ブランドの『ジェミニー・クリケット事件』Murder Gameです。

「招かれざる客たちのビュッフェ」
クリスチアナ・ブランド著 / 深町 真理子〔ほか〕訳


この作品は短編集「招かれざる客たちのビュッフェ」に収録されており、密室物の傑作として評価が高いばかりでなく、オールタイムベストの短篇部門でも上位に入る名作です。
ジェミニー殺人事件について青年が老人に語るところから始まるのですが、この犯行が行われたのが「土曜の午後で、おまけにワールドカップの決勝戦」だったのです!
「決勝戦」というのがポイントです。

続きを読む


nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

Xmasプレゼントは「青の恐怖」 [クリスチアナ・ブランド]

Xmasにはホラー[モバQ]
・・・というわけではありませんf^_^;

12/25(金)、まさにクリスマスにこんなDVDが発売されます[CD]
2009年12月25日発売青の恐怖

2009年12月25日発売 「青の恐怖」


  • おどろおどろしいタイトルですね。怖いですねw{{ (>_<) }}w
  • でも、原題はGreen for Danger
  • そう、『緑は危険』です。

『緑は危険』と聞いて「おっ(( ^。^)^^ 」と思われた、ごく少数の方!
そうです。原作はクリスチアナ・ブランドなんです[本]

続きを読む


nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

山口雅也の本格ミステリ・アンソロジー [クリスチアナ・ブランド]

ええと`s(-・-;)
Yuseum、山口雅也さんの作品は読んだことないです(爆)
でも。
山口さんがクリスチアナ・ブランドを敬愛していることは、よく存じています(^^)

なんたって、ブランドの文庫化作品(7作)のうち、『緑は危険』『ジェゼベルの死』『暗闇の薔薇』の3作品、そして、この前発売されたばかりの「ぶち猫 コックリル警部の事件簿」の解説は、いずれも山口さんの熱い解説ですから(^^ゞ

そんな山口さんの手による、角川文庫の現代作家による「本格ミステリ・アンソロジー」がこれ↓

山口雅也の本格ミステリ・アンソロジー (角川文庫 や 29-3)

山口雅也の本格ミステリ・アンソロジー (角川文庫 や 29-3)

  • 作者: ジェイムズ・パウエル、他
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2007/12
  • メディア: 文庫


「有栖川有栖の〜」「北村薫の〜」「法月綸太郎の〜」に続く第4弾!
(そのうち、北村さんのは読みました。←ブランドの傑作短編『ジェミニー・クリケット事件』[米版]が収載されていたので(^_^))

なんでも、中学生の頃から≪お遊び≫でミステリ・アンソロジーを作成していた山口さんは、このお三方が羨ましかったそうで(笑)
そのことがIntro.で触れられているのですが、これがまた面白くてo(^-^)o(少なくとも9回寸評付きのアンソロジーを編んでます(!o!))、その中学時代の「寸評」だけでも1冊の面白い本になりそうなのですが…(^^)v

ここでは、今回のwアンソロジー収録作品を紹介していきます。
アンソロジーって収録作品がわからないと、購入に躊躇しますよね?
(昔は「立ち読み」してたものだが、本をネットで買う最近は、その辺りが分かりにくい(・・)(。。))

ちなみに、Yuseumはまだ本作読んでないので、当然ネタバレはございません(苦笑)
ご安心を♪

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

〜猫と ねずみと お猿〜♪(笑) [クリスチアナ・ブランド]

まあ、かわいい子猫DSについては、「キラ☆タメ!」ブログに書くとして…
(ブログパーツは置きましたが(=^..^=)ミャー)

あと、このブログタイトルは、平松愛理さんの「部屋とYシャツと私」のメロディーで♪w

 

  • 『猫とねずみ』 (ハヤカワ・ミステリ 472)
  •  

    ↑はYuseumの敬愛するクリスチアナ・ブランドの作品だけど、ブランドの邦訳作品の中で、この本だけ持ってなかったんですよ。

    でも、ブランドの作品はしばしば品切れになる。
    (今も、Yuseumが感想を書いた『ジェゼベルの死』やら『疑惑の霧』やらが品切れ`s(-・-;) )
    ので、先日ようやく購入したのですが、この『猫とねずみ』を今の今まで購入しなかったのは、この作品が「ノン・シリーズのロマンティック・サスペンス」だからというのもあったけど、↓の本にある「北村薫さんの解説」が大きく影響していますf(^ー^;

    招かれざる客たちのビュッフェ (創元推理文庫)

    招かれざる客たちのビュッフェ (創元推理文庫)

    • 作者: クリスチアナ・ブランド, 深町 真理子
    • 出版社/メーカー: 東京創元社
    • 発売日: 1990/03
    • メディア: 文庫


    ストーリー自体は面白そうなんですよ、『猫とねずみ』
    ポケミスにあるあらすじによると、

    雑誌「乙女の友」の女性記者、≪ミス身上相談≫のカティンカのもとに、愛らしいウェールズの少女アミスタから恋の身上相談の手紙が届いて、それから話がトントンと進んでアミスタは結婚した…はずだったのが、いざカティンカの故郷でもあるウェールズのアミスタの家へ足を運ぶと、アミスタなんて女性はいない(?_?)エ?

    続きを読む


    nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
    共通テーマ:

    “Brand C” [クリスチアナ・ブランド]

    シェアブログ1152に投稿
    我が実家を襲った風邪も、ようやく峠を越したようです(・_・)(._.)
    みなさまのコメントに重ね重ね感謝(^O^)

    さてさて。
    先週はわりとお出かけすることが多かったYuseumでしたが、(その模様は後日アップ予定(^^)v)、今週はそんなこんなで本を読む機会が多いです。
    ま、読書の秋ですからヽ(´・`)ノ

    で、この本↓も1編を残してほぼ読み終えました\(^o^)/

    クリスチアナ・ブランド著(深町 眞理子・吉野 美恵子・白須 清美 訳)

    表題作(戯曲です)はまだ読んでないのですがσ(^◇^;)、一応、Yuseumのホームページにもこの本の感想をアップしました。

    で、この記事のタイトルですが、、、
    "Christianna Brand"Cでしょ?」
    と思う方が多いと思いますが、実はたまたまこうなっただけで、ホントは別の意味を含んでるんですね(;^_^A アセアセ…

    野暮を承知でご説明しますと(..;)

    続きを読む


    nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
    共通テーマ:
    クリスチアナ・ブランド ブログトップ