So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

新しいブログを立ち上げました [Web / PC / iPhone]


というブログを新しく立ち上げました。

これをメイン・ブログに育てていく予定ですが、

<海外古典ミステリ>

関係の記事については、引き続きこちらのブログにアップしていこうと思います。

(というか、ここもそんなに更新されてはいないのですが[あせあせ(飛び散る汗)]

「まとまった情報」については、新しいブログにて整理するかもしれません。


新しいブログの最初の記事は、リラックマです[黒ハート]


IMG_3012a.jpg

nice!(13)  コメント(2) 

新しい「オリエント急行殺人事件」【2018年8月追記】 [アガサ・クリスティー]

【2017年12月現在】およそ1年ぶりのブログ更新[たらーっ(汗)]
それはさておき[ドコモポイント]
ケネス・ブラナーが監督・主演を務め、ハリウッドを代表する豪華俳優陣で映画化された『オリエント急行殺人事件』が、いよいよ日本でも公開されますね[カチンコ]

映画『オリエント急行殺人事件』オフィシャルサイト
【2018年8月追記】 遅ればせながら、ケネス・ブラナー監督・主演の『オリエント急行殺人事件」のブルーレイなどをご紹介。
私は映画館で鑑賞後に「ブルーレイ&DVD」を購入してみました[CD]

オリエント急行殺人事件 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

オリエント急行殺人事件 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray
オリエント急行殺人事件 (2枚組)[4K ULTRA HD + Blu-ray]

オリエント急行殺人事件 (2枚組)[4K ULTRA HD + Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray
[映画]AmazonビデオやiTunes等で配信(レンタル&購入)もされています。
<Amazonビデオ>
オリエント急行殺人事件 (字幕版)オリエント急行殺人事件 (吹替版)
<iTunes>
オリエント急行殺人事件 (字幕/吹替) - Kenneth Branagh

クリスティーの作品についてはこれまでにも何度も映像化されてはいますが、今回はハリウッドの大作映画ということで、原作についても今年になって新訳が複数刊行されるなど、色々賑わっています[本]
今回の映画は原作を結構脚色しているようなので、原作は読まずに映画をまず堪能して、その後から興味があれば原作に立ち返る、という考えももちろんあります。
一方、原作を先に読んでおく(もしくは再読する)ことで、謎解きのためのエネルギーを省略できるので、余ったそのエネルギーは、原作と映画の違いを考えたり、映画でしか得られない映像の迫力などを楽しむために使えるアガサ・クリスティ・ファンクラブのメルマガ「グリーンウェイ・ハウス通信」(No.107)より抜粋)から、先に原作を読んでから映画を観に行った方が良い、というご提案もあります。
いずれにしろ、今回の映画をより楽しむために、ここでは原作や過去の映像作品などを簡単にご紹介してみます。
なお、ここでは翻訳の善し悪しについては言及しませんので、あしからず[ふらふら]

1)原作の翻訳本
IMG_1994.jpg
(写真)私の持っている原作本など
まずは、早川書房のクリスティー文庫です。
オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

  • 作者: アガサ クリスティー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2011/04/05
  • メディア: 文庫
<Kindle>
オリエント急行の殺人 (クリスティー文庫)

オリエント急行の殺人 (クリスティー文庫)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2011/04/05
  • メディア: Kindle版
<iBooksオリエント急行の殺人 - Agatha Christie & 山本やよい

クリスティー文庫は今回の映画化に併せて、カバージャケットが新しくなっています。(期間限定?
クリスティー文庫の中でも、『オリエント急行の殺人』は新訳刊行時に期間限定カバーで出版され(上の写真の上段右から3番目)、テレビ・ドラマで三谷幸喜版の『オリエント急行殺人事件』(後述)が放映されたときにカバーが一新され(上段右から2番目)、そして今回と、クリスティー文庫が刊行されて以降この10数年だけでも4回も装丁が変わっており、それだけ人気の高さが伺えます。
なお、クリスティー文庫の旧訳はこちら(上段右から1番目)[左斜め下]
オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

  • 作者: アガサ クリスティー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2003/10/01
  • メディア: 文庫

続いて創元推理文庫(下段右から1番目)
オリエント急行の殺人 (創元推理文庫)

オリエント急行の殺人 (創元推理文庫)

  • 作者: アガサ・クリスティ
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2003/11/09
  • メディア: 文庫
シャーロック・ホームズ研究家としても名高い長沼弘毅氏による訳。1959年初版。
私が最初に読んだ『オリエント急行〜』はこの翻訳本でした。

今年の4月に出た光文社古典新訳文庫(下段右から3番目)
オリエント急行殺人事件 (古典新訳文庫)

オリエント急行殺人事件 (古典新訳文庫)

  • 作者: アガサ・クリスティー
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/04/11
  • メディア: 文庫
(現在のところ)栞がついていて、それに登場人物一覧と客車の見取り図が記されているので、それらを確認したいときに便利。

先月出たばかりの角川文庫の新訳。
オリエント急行殺人事件 (角川文庫)

オリエント急行殺人事件 (角川文庫)

  • 作者: アガサ・クリスティ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/11/25
  • メディア: 文庫

私が持っているのは電子書籍版です(上の写真の一番左)
それぞれの訳者あとがきに記されているのですが、光文社古典新訳文庫と角川文庫とではアームストロング大佐のファーストネームを翻訳する際のスタンスが異なるのが興味深いです。

なお、角川文庫の旧訳についてはグーテンベルク21が刊行している以下の電子書籍でも読むことが出来ます。
オリエント急行殺人事件 名探偵ポワロ

オリエント急行殺人事件 名探偵ポワロ

  • 出版社/メーカー: グーテンベルク21
  • 発売日: 2012/12/19
  • メディア: Kindle版
<iBooksオリエント急行殺人事件 - Agatha Christie & 古賀照一

その他にも翻訳本はありますが、現在は絶版なので割愛。

2)原書
原書についても、ペーパーバックなど多々あるとは思いますが、ここでは先月出たばかりのこちらの文庫[左斜め下]をご紹介。
オリエント急行殺人事件 MURDER ON THE ORIENT EXPRESS (KODANSHA ENGLISH LIBRARY)

オリエント急行殺人事件 MURDER ON THE ORIENT EXPRESS (KODANSHA ENGLISH LIBRARY)

  • 作者: アガサ・クリスティ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/11/17
  • メディア: 文庫
上の写真(下段右から2番目)にもあるように、文庫サイズの講談社英語文庫。
オビに英語原作を日本語の語注つきで読めるのは本書だけ!と謳っているように、巻末には文中に登場する単語の意味などがかいつまんで掲載されています。
TOEICレベルで450点〜、とのこと。
なお、Twitterで知ったのですが(モダハムさん、ありがとうございます(*'-'*))アガサ・クリスティ・ファンクラブのホームページにある「コンパニオンブック」のリンクからも、"Murder on the Orient Express"の単語集を確認することが出来ます。
こちらの方が、講談社英語文庫の語注より少し詳しめかな。


続きを読む


nice!(17)  コメント(4) 

聴取者への挑戦—EQのラジオドラマをスマホで— 【2018年7月追記】 [エラリー・クイーン]

【2018年7月追記】
最近、エラリー・クイーンのラジオドラマ集第3弾が出版されました[左斜め下]
犯罪コーポレーションの冒険 聴取者への挑戦III (論創海外ミステリ213)

犯罪コーポレーションの冒険 聴取者への挑戦III (論創海外ミステリ213)

  • 作者: エラリー・クイーン
  • 出版社/メーカー: 論創社
  • 発売日: 2018/07/04
  • メディア: 単行本
そういえば、エラリー・クイーンのラジオドラマについて、何かブログに書いたな〜とこの記事を見てみると、リンクが多数切れているのを発見[あせあせ(飛び散る汗)]
幸い、多くのリンクはリンク先を修正すれば何とかなりそうなので、この機会に修正しました。
 
また、
・記事のサブタイトルを「iPhone」→「スマホ」に変更。
・各エピソードについては、以下のエラリー・クイーンの評伝の中でも触れられています。
 邦訳のないエピソードについても、この評伝
[左斜め下]の「作品名索引」に記載の邦題を放送年月日の前の「」内に記しましたので、ご参照ください。
エラリー・クイーン 推理の芸術

エラリー・クイーン 推理の芸術

  • 作者: フランシス・M. ネヴィンズ
  • 出版社/メーカー: 国書刊行会
  • 発売日: 2016/11/28
  • メディア: 単行本
(以下、2010年11月14日に記したブログ記事に加筆・修正。)
1939年〜1948年に放送されたラジオドラマ「エラリー・クイーンの冒険」。
その一部の脚本は、単行本で読むことができます。
ナポレオンの剃刀の冒険―聴取者への挑戦〈1〉 (論創海外ミステリ)

ナポレオンの剃刀の冒険―聴取者への挑戦〈1〉 (論創海外ミステリ)

  • 作者: エラリー クイーン
  • 出版社/メーカー: 論創社
  • 発売日: 2008/03
  • メディア: 単行本
死せる案山子の冒険―聴取者への挑戦〈2〉 (論創海外ミステリ)

死せる案山子の冒険―聴取者への挑戦〈2〉 (論創海外ミステリ)

  • 作者: エラリー クイーン
  • 出版社/メーカー: 論創社
  • 発売日: 2009/03
  • メディア: 単行本
一部の放送は今でも記録に残っているようで、アメリカではこんなMP3ディスクも発売されているようです。
ここでは、インターネットでも聴くことができる(おそらく流出?)ものを整理してみました。
iPhoneやAndroidでも聴きやすい(見やすい)ように、このブログではなく、最近野ざらし状態だったアメブロ「祐術館」まとめてみました(^^ゞy→下にまとめます。
下のリンク先をクリックしてください。
参考サイトは以下の通り。
また、上述の単行本も参照しています。
(参考サイトの大半がリンク切れでした[たらーっ(汗)]
ソネブロがスマートフォン向け表示に最適化されたようなので、こちら[左斜め下]に掲載しておきます[メモ]

続きを読む